緑と水の豊かな国に生れて

見たこと・感じた事、適当に書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

DT200WR フレームサンドブラスト→サフェーサー

P1190061.jpg
昼の休憩時、月曜日にサンドブラストに出していたDT200WRフレームが仕上がったとの連絡があったので、運良く仕事が超暇(今日のノルマは、午前中に殆ど終わってしまった・・・)だったので、ちょいと時間を貰ってフレームを引き取って来ました。


サンドブラストをかけた後の素の鉄って、こんな色(画像)になるんですね・・・かなり驚きました。 続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2013/01/24(木) 19:50:56|
  2. DT200WR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DT200WR途中経過

昨日、パーツクリーナーを使い切ってしまったので、まず今日は、パーツクリーナーを買いに行くことからスタート。って言っても、バイクで片道5分程度のホームセンターまで買いに行くだけなんだけどね。

で、ホームセンターまではRaidに乗って行ったんだけど、先週末に1/8開度付近が濃い感じがしてきたFCRを“真夏仕様”と、昨年の真夏のデータを参考に、エアスクリューを1/2回転分開けてみていたんだけど、アクセルオンで“失火”“バックファイヤ”まではしないものの、高回転からのアクセルオフ(エンジンブレーキ)で“アフターファイヤ”が随所に出るようになってしまった。
ASを1/2回転開けただけでかなり薄い状態になっちまったようだ。

これは流石に気持ちよくないので、本日中に再調整を済ませなきゃ・・・って事で、本日のノルマが増えてしまった。


今日のDT200WRのメニューは、できればEGまでは降ろせれば・・・が目標。

まずは、ギアオイル&クーラントを抜いて、エンジンガード・チャンバー・ラジエーターとバラシします。

バラシを済ませて、エンジンガード&チャンバーで隠れていたエンジン下回りを見たら、2ストオイルと泥の混合物がびっしりとこびりついて異常に汚い。

その汚れを落とすのにずいぶん時間を使ってしまった・・・(汗)


これで綺麗になった方だ。排気ポート下のウォーターパイプやエンジンマウントボルトが泥で何がなんだか解らない状態だったからね。


で、エンジン下部を清掃したら、キャブを抜いて(これがまたメンドクサイ。キャブにオイルバルブ付いてるし、アイシング防止用のウォーターパイプまで入ってるからね・・・)、メインハーネスを抜いてたらAM3:00になってしまった。

ここからEGを・・・と思ったんだけど、スイングアームシャフトを抜かないとEGは降ろせないから、チェーンとか色々考えて、Raidのキャブを・・・と考えると、これ以上は無理!と断念

20120716001.jpg

今日のDT200WRはココまで。
随分スッキリしました



で、DTの次は、Raidのキャブ調整。

シート外してタンク外して上部エンジンマウント外してリアショックのサブタンクずらしてキャブを強引に抜いて・・・といつもの工程をササッと済ませ、薄くなってしまったAS1回転から先週の若干濃い?と感じた1/2回転に戻そうか?と思ったんだけど、その中間の3/4も気になる(いつもは1/4回転の90°スパンで調整している)。が、3/4でも薄い症状が出ると、またバラスのが面倒なので、今回は珍しく5/8回転(45°スパン)で様子見してみることに。
20120716003.jpg



実際、組み終えてから買い物ついでに走ってみたら、薄い症状はまったく出ずに良い調子。


この先の温度上昇(ピーク)&山間部の標高差をこのままのセッティングで乗り切ってくれると嬉しいのだが・・・(って言っても、“濃い”方向になるだけなのでEG壊す要因にはならないから安心だけどね)




一先ず今日はPM5:00に全作業終了。

炎天下(時間帯により日陰あり)で黙々とやってたから、エアコンの効いた部屋に戻ってちょっとしたら爆睡モードに入ってしまった(汗)


寒いのも嫌だけど、暑いのも嫌だ~ね~



  1. 2012/07/16(月) 21:58:02|
  2. DT200WR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そろそろやるか~

DT200WR




2007年から6年放置していたDT200WR


坂内EDで、高回転域のみで使用してるとエンジンが回らなくなる(多分、キャブの油面調整が狂ってる)
と、
レース後に、ミッションレバーのロッド根元からオイル漏れが発覚し、
どうせエンジン開けるなら、書無しのバイクだから、書付のフレームに乗せ変えて・・・と伸ばし伸ばしになって今日まできてしまったのだ。

一ヶ月前の坂内EDにて、このバイクでレースに出場したいと言う輩が出て(あくまで自分が乗るのではない!(汗))、そんなキッカケが無ければ、ずっと触らないだろう・・・と自分の性格を読んで、ようやく重い腰を持ち上げることにした。


6年間、アパートの階段の下に、シートを掛けて保管していたので、それほど酷い状態になっていなかったのだが、ま、元がボロイ車体だったので、汚れも含め綺麗にしてから作業開始することに。


って!!

ブレーキ固着して、うごきませんがな~!!!

半分引きずるようにして外に出して、そこからダートスコートをガンガンに掛けて洗浄開始。

2012071603.jpg
外装ついた状態で一度洗車して、外装外して内部を洗車。それがすんだら、見える螺子っていう螺子にラスペネ掛けて放置しときます。


2012071602.jpg
問題のブレーキ。
完全にピストンシール死んでます。(前後共に!!でもピストンピンとかは綺麗にスライドした)


で、無理やり抜き取ったら・・・











2012071604.jpg
パットが剥離しちゃってる~~~~~~~~~~~~~!!


安くて有名なYAMASIDAのブレーキパット(実は結構好きで使ってる)では、長く乗らないとこうなる話は聞いていたが、今回このDTに付いてたのは、前オーナーが付けたのであろう、“EBC”ってメーカーのブレーキパットだ。

安い製品には訳がある。うん納得。


ブレーキピストンを見てみたら、完全固着しているわけでは無かったが、やっぱり動きが重い。こりゃ、前後ブレーキ共に、キャリパー&マスターの全オーバーホールだな・・・

って事で、何とか動く容にして、新しいブレーキパットを挿入。(Raidと同じパッドだから在庫は常に手元にあります(笑))



その新しいブレーキパットは!安い以外、ネガティブな情報しかネットに出ていないYAAMASIDA製(笑)


私は使いますよ。ファンですから(爆)




今日はココまで。



これから全部バラシて、新しいフレーム色塗って、エンジンフルOHして乗せ変えて、ブレーキ他も全部見直して・・・



やることイッパイだ~~~~~~~~~~~~~(汗)

幾ら掛かるんだろ??







  1. 2012/07/15(日) 22:29:36|
  2. DT200WR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

さときっつぁん

Author:さときっつぁん
オートバイと写真が好きな中年おやじです。

FC2カウンター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

CBR400RR (13)
ZEPHYR750 (9)
TT250R Raid (36)
KSR2 (49)
DT200WR (3)
ツーリング (16)
オフロードツーリング (9)
PIXIS VAN (11)
カメラ (29)
釣り (5)
音楽 (5)
未分類 (59)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

いらっしゃいませ!

現在の閲覧者数:

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。