緑と水の豊かな国に生れて

見たこと・感じた事、適当に書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

来年元気に走れるように

年末になってバタバタしてました。
バタバタのネタは全てオートバイ事なんですが・・・(汗)

まず、29日。仕事納めと言う事もあり、仕事は例年通り半ドン。
昼からCBR400RRのフォークシール交換をショップにお願いしていたので、CBRで出社して、仕事が終わったらそのまま高速に飛び乗って(二区間だけ)速攻でショップまで。

久々にCBR400RRで高速を走ったけど、やっぱりゼファー750よりも楽しいね。エンジン回転数の半分から上は、400の癖して、間違いなくCBRの方がパンチがある!しかもノーマルで吸気音が楽しめるようにエアクリナーに細工がしてあるから、この吸気音がゾクゾクするんです。いや、やっぱコイツは手放せないな~

と、CBRの余談は置いといて、フォークシール交換ね
P1140032.jpg
ショップの社長も忙しい人だから(個人経営なんで)、社長が納車に行ってる間に自分でフォークを車体から外します。

外したフォークのインナーを確認すると、一箇所直径3mmぐらいのメッキハゲ発見!
P1140040.jpg
指でなぞると、少しだけバリがある感じだったので、1500番のペーパーを軽く当ててバリ落とし。
いまさら再メッキなんて面倒だし、これぐらいなら、ちゃんと処理しとけば新品のシールを痛める事もなさそうなんで、これぐらいで妥協しておきます。

社長がフォークをばらし始めると同時に、自分はもう一つの部品交換へ
P1140041.jpg
フロントブレーキローターです。(笑)
画像左側が今まで使ってたもの(47000キロ)。で、右がオークションで落札した5000キロしか使われてないブレーキローターです。画像を見てモロにわかるとおり、今まで使ってたのは減りに減ってレコード板状態!
変えよう変えようと前々から思ってたんだけど、既に5年以上前にメーカーの部品が無くなって(しかも、あっても一枚21000円+α)、これと同じブレーキローターを使ってるのは、同年のVFR400Rぐらいなもんだから、メーカーも再製造しないのね・・・たかだか二年しか製造されなかったマシンだし、実際にレプリカブームが去って(15年ほど前)、中古車両の殆どが海外に流れてしまって、日本に残るCBR400RRやVFR400Rなんてたかが知れてる台数なんだろう。多分、もう二度とこのローターは製造されないだろうね。

この辺がホンダが嫌いになってる理由でもある。確かに良いものを生産する技術はすごいが、この後にリリースされたCBR400RR(NC29型)とは、共用できるパーツが殆ど無い。しかもそのNC29型も1990~2000年ぐらいまでの10年間販売された車両だったんだけど(途中3回ほど、馬力規制とかちょこまかしたマイナーチェンジがあったが)、そのNC29型のパーツもメーカー欠品が続出してるとか。
その点、カワサキは凄いね。メーカーサイトでパーツリストが見れるんだけど、ステップとかこのローターとかゼファーの部品を見てみると、“代表車種”みたいな、見たことも聞いたことも無い車種が頭に出てきて、ブレーキローターに関して言えば、現行のW650とも同じものらしい(W650はローターデザインが途中で変わってたりしてデザインが違うとかあるがサイズ・寸法は同じ。だから流用もたやすい)
ま、自分のCBR400RR(NC23型)は、バブル絶頂期+レプリカブームによって、各メーカーがお金を湯水のように使って張り合っていた時の産物だから、スタンダードマシンのゼファーと比べるのは酷なのもあるけどね・・・

で、今回はフロントを釣り上げる事もあってローターを交換したんだけど、これだけ程度の良いもの(しかも両側で8000円で落札できた!(嬉))に交換したんだから、近いうちに、フロントキャリパーのオーバーホール(&新品パッド)もしないとね。
まさか、キャリパーのシール類とかがメーカー欠品になってる事は無いと思うけど・・・


で、社長がフロントフォークをバラシてるのを見たら、フロントフォークも大変な事になってました。
まず、ダストシールが劣化で細かい割れがでて、多分そこから水が入ったんだろう、オイルシールストッパーがご覧の通り!↓
P1140053.jpg
上がワイヤーブラシで磨いた物。下が悲惨な状態になっていたストッパー。今度フォークをやる時は全部交換だな・・・(汗)

で、その水の影響なのか、社長が大変なボルトを舐めてしまいました・・・
P1140052.jpg
あの奥のほうにあるフォークソケットボルト。

ネジロックが掛かってるところでもあるんだけど、今回は水が入って錆がでててネジが固着。
前にゼファーのフォークを自分でやった時、ココを外す時に物凄く苦労したので、「あらーやっちいましたか~(笑)」ぐらいなもの。
自分でその苦労とリカバリー知ってるから、「やっちゃいましたか~(笑)」と笑えるだろうけど、自分で触れない人は「店に責任を取ってもらう」とか「フォークを新品に変えろ」とかゴチャ抜かすんだろうね。
ココは社長と「今度やる時にドリルで揉む(ネジを破壊する)か~(笑)」と見てみぬフリして、シールを外すのに昔ながらのフォークをプレスにかかてシールを圧抜きする方法に変更。
で、この圧抜きで浮き出たシールを抜くのに手惑いながらなんとかフォークシールを交換完了。

フォークオイルは、メーカーが10番指定なのに対し、前に変えたのと同じく少し固めの10番と15番50:50のミックス。で、オイルも規定より1cm上げでお願いしてフォークシール交換完了です。

29日はCBRで一日を終えました。


で、30日は、ホントはチャンプ氏にフレーム溶接をお願いしてるはずだったRaid君。

「できたら溶接箇所の近くのパーツや配線の取り外しと、溶接箇所の錆び&塗装をはがしておいて下さい」

と、引き渡すはずだった27日の夕方に電話をもらったので、その日はRaidを引き渡さず、30日にパーツ外しと塗装剥しです。


パーツを取っていったら見つけた、もう一箇所の重大なフレームが腐って穴が空いた部分。
多分、シートフレームの後ろの腐った部分から中に水が入り、ここに溜まって内側から錆びてしまった穴だろう

ここは流石にシーから後ろに掛かる重量が全てかかるシートフレームの根元の部分。
ここだけはキッチリ補強をいれてもらわないとね・・・(しかし、目に見えないフレーム内部がどこまでやられているか心配になってきた・・・)


で、シートフレームについてるパーツや、キャブを取り外して鶏がら状態になった我がRaidです。
P1140079.jpg


で、溶接して貰う所を、グラインダーにワイヤーブラシつけて錆び&塗装剥しです。
P1140083.jpg


こうして前工程を終えたRaid君は、チャンプ●田氏が軽トラで引き上げていきました。


錆びの箇所が酷かったから、Raidが帰ってきたら、連れ(塗装屋)にRaidのフレーム色の塗料を作ってもらって、溶接して貰った所と、他の箇所の錆び落とししてフレームのタッチアップペイントでもしてあげよう・・・



今日31日。
今現在、大晦日には珍しい雪が名古屋にも降っている。
1231_4358 DSC_5191

自分はこの後もこのまま部屋に引きこもるつもりですが(明日の朝は近場で良い雪景色が取れそうですけど(笑))、初詣等アクティブに動かれる方、道中お気をつけて・・・

そして、2009年を共に楽んだ知人・友人に感謝!今年も残す所、後3時間半、良い年を迎えて下さい。


そしてまた来年、こんな偏屈者では御座いますが、どうぞ宜しくお願いします!
スポンサーサイト
  1. 2009/12/31(木) 20:28:35|
  2. CBR400RR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ

プロフィール

さときっつぁん

Author:さときっつぁん
オートバイと写真が好きな中年おやじです。

FC2カウンター

カレンダー

11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

CBR400RR (13)
ZEPHYR750 (9)
TT250R Raid (36)
KSR2 (49)
DT200WR (3)
ツーリング (16)
オフロードツーリング (9)
PIXIS VAN (11)
カメラ (29)
釣り (5)
音楽 (5)
未分類 (59)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

いらっしゃいませ!

現在の閲覧者数:

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。