緑と水の豊かな国に生れて

見たこと・感じた事、適当に書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

TT250R Raid 2度目の腰上オーバーホール その11 エンジン部組み立て終了

地図ネタやバロンネタでちょっと間が空きましたが、とりあえず先週の日曜日と本日の二日分の腰上OH作業です。
P1190400.jpg
前回のバルブクリアランス調べで、注文しないといけなかった155番のシムも手元に揃ったので、排気右側に取り付けます。

P1190402.jpg
吸気側も、予備のヘッドから抜いた179番をセット。

バルブリフタを取り付け、バルブ部は一先ず終了。
後は、全部組み終わって、100キロほど走ってから、再度バルブクリアランスを確認すれば間違いないです。



次にジャーナルとカムシャフトに二硫化モリブデンを塗りこんで、
P1190406.jpg
クランクのあわせ位置を出したら、

※サービスマニュアルには、カムチェーンスプロケットはカムシャフトから外した状態でカムシャフトをカムシャフトキャップで固定・・・になってますが、私はカムシャフトとカムチェンスプロケットはバラサないので(バラさなくてもセット出来るのは前に組んだ時に実践積み)、そのやり方で以後進めます。
P1190407.jpg
まずは、排気側のカムチェーンを張った(遊びの無い)状態で排気側カムシャフトのカムシャフトスプロケットのEマークラインにあわせてカムチェーンをセット。次に吸気側カムシャフトをジャーナルから浮かせ、斜めにずらしてカムチェーンをスプロケットに引っ掛けて、カムシャフトをあちこちにぶつけないように上手くジャーナルにカムシャフトを載せます。カムスプロケットの(Iマークライン)がズレていたら、何駒ずれてるのかを確認して、もう一度うまく吸気カムシャフト&カムチェンスプロケットを外して、ずれた駒分を修正して、再度ジャーナルにカムシャフトを落とします。

クランクあわせ位置がずれていない事を確認して、その状態で、排気側のカムチェーン(クランク⇔排気カムスプロケット間)が遊んでいない状態で、排気&吸気のカム位置がぴったりなら、カムシャフトをカムシャフトキャップで固定します。

ちなみに、
P1190413.jpg
この時のカム山の位置は、IN(吸気)側&EX(排気)側共に外を向くこの位置です。(サービスマニュアル4-53ページに記載)
カムシャフトを180度ずれた位置でセットしないように注意です。



カムチェーン&カムシャフトをセットしたら、お次は、
P1190409.jpg
カムチェーンテンショナーの取り付け。

テンショナーを一旦巻き上げ(精密ドライバーの部分)、巻き上げた状態を固定したまま、テンショナー本体を二本のヘキサボルトで固定します。(一先ず、手で締め込む程度で十分。後から規定値1kg/mで正式に締めこみましす。私の場合、ここは手ルクレンチで済ませてますけど・・・(滝汗))

P1190410.jpg
カムチェーンテンショナーを開放して、カムチェーンが確実に張ってるのを確認したら、後は新品のヘッドカバーガスケットを乗っけて、ヘッドカバーを三本のボルト(ここのシールも新品は買ってるのだけど、今回はそのまま使用してます。後からでも変えるのは簡単ですから)で固定して、後は点火プラグとキャブのインシュレーターを付けたらエンジン部は終了です。


エンジン部が終了したら、今回のOH作業ついでにプランされていたパーツ?を組んで(後日“その他”としてアップします)、エキマニを取り付けます。
P1190424.jpg
(この画像で“その他”のパーツが解る人は凄いです(笑))

エキマニの取り付けでの注意点は、
P1190463.jpg
このオイルラインのバンジョウボルトと、

P1190465.jpg
メインフレームとのクリアランスを保った状態で、シリンダーヘッドに確実に固定しましょ!


で、前に問題になった電蝕を起こしたラフ&ロードのエキマニに使用されるアルミガスケット部ですが(純正エキマニ&純正ガスケットは問題ありません)、
P1190467.jpg
本当はステンの薄い板(0.1mmぐらいの)を巻きつけたかったのですが、手元に無かったので、エキマニ側にアルミテープを貼り付けました。(アルミテープ分の厚みを、アルミガスケット削り&マフラー側のエキマニの差込口をを広げて対処してます)

このアルミテープはエキマニと引っ付いても(電蝕)、そのアルミテープとアルミガスケットは引っ付かないだろう・・・的な考えからなんですが・・・。
しばらくこのままで使用して、またチェック入れないといけませんね。



P1190475.jpg

サイレンサー取り付けて終了です。




お次に、キャブ。

大のお気に入りのFCRですが、一応、軽く洗浄しときます。
P1190473.jpg
一先ず、スロー&メインのエアスクリュー&ジェット類を全バラして(加速ポンプ部も)、キャブ本体のエア&燃料通路もろとも、キャブクリーナーで汚れを溶かします。で、パーツクリーナーで洗い流して終了。
今回のキャブはコレだけで終わりにしときます。

春になったら、セッティング変更時にスロットルベアリングもバリエルタ(貰える予定(笑))塗りこむ予定です。


エアスクリューを、少し濃い目に振って、Raidに組み込みキャブも終了。


ワイヤー系類も全部取り付けて、一先ずOH完了しました。



キックを踏むと、あの上死点圧縮の出なかったOH前と比べて、ちゃんと上死点圧縮が出て一安心

10回ほどキックを踏んでみましたが、二~三度脈はあったもののエンジンが掛かってくれないので(と言うかシートをつけてない状態だったので、横に降りた状態でキックを踏んでいた(汗))、セルを回したら一発始動でさらに安心

ま、初めてじゃないんで、特別感動はありませんでしたが・・・



と、ココまでが先週から本日昼までの内容です。


予定通りエンジンが掛かってくれたので、明日は慣らしがてら走りに行くつもりでいたのですが、この後、ちょっと色々ありまして、走り出せない状況になってしまいました。(滝汗)


“OH作業ついでにプランされていたパーツ?”も含め、“その他”シリーズでまだまだ続きます・・・







スポンサーサイト
  1. 2013/02/23(土) 19:55:49|
  2. TT250R Raid
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<TT250R Raid 2度目の腰上オーバーホール その他1 | ホーム | レッドバロン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satokichi3.blog45.fc2.com/tb.php/168-8256bfc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さときっつぁん

Author:さときっつぁん
オートバイと写真が好きな中年おやじです。

FC2カウンター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

CBR400RR (13)
ZEPHYR750 (9)
TT250R Raid (36)
KSR2 (49)
DT200WR (3)
ツーリング (16)
オフロードツーリング (9)
PIXIS VAN (11)
カメラ (29)
釣り (5)
音楽 (5)
未分類 (59)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

いらっしゃいませ!

現在の閲覧者数:

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。