緑と水の豊かな国に生れて

見たこと・感じた事、適当に書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

TT250R 最後のシム調整・デコンププラグ交換

P1190809.jpg
先週、腰上OHが済んだTT-Rを80キロほど走らせ、再度クリアランスチェックしたら、排気側の一つが規定値ギリギリでした。

で、注文していた規定に収まるシムが揃ったので、一週間経った昨日、シムを入れ替えようとシートカバーを外したら・・・

デコンプワイヤー取り付け用のプラグがら、見事にオイル漏れしてました。

腰上OHを始める時に揃えたシール・ガスケット類の中に、当然このプラグも注文していたのですが、「漏れてから変えれば良いや」的考えだったのでここは変えてなかったんですよね。
TT-Rのこのデコンプワイヤー用のプラグは、大抵2~3万キロ走ると、必ずオイルが漏れる部分なんで、シム交換も含めて、今回もサクッと交換してしまいますよ!
(ちょっと問題が発生してしまいましたが・・・参考になれば幸いです)

※今回のアップ内容は、昨日の作業で~す
まず、デコンプのプラグ交換や、ヘッドカバーを外す時の儀式を済ませます。


P1190812.jpg
その儀式とは?タンク・シート外して(心配な人はキャブフロートのガソリンも抜いてくださいね~)、バイクを右側に倒します。オンロードバイクでは中々出来ない荒業です。
地面にダンボール広げて、完全に寝かせられればさらにGOOD!(前にショップでクリアランス見た時は、アスファルトにじかで寝かせてやりました(笑))

寝かした状態で10秒~ほど放置して、再度バイクを起こします。
これで儀式終了。

まずは、規定値ギリギリだったシムの交換から。

P1190813.jpg
3本のヘッドカバーボルトを外して、ガスケットシールを痛めないようにカバーを外します。


2013031002.jpg
先ほどの儀式は、このカム室に溜まったオイルを抜く作業だったんですね。
カム室はカム・バルブリフタにオイルを潤滑させる為、大抵オイルが貯められる構造になってます。
画像①の部分の高さまでオイルが貯められ、それ以上の余分なオイルはカムチェーン室の方に流れ、クランクケースに戻るようになってます。
車体を倒さず、ここにオイルを貯めた状態でサイドスタンドでバイクを傾けて作業すると、カムカバーを外しただけでオイルが流れ出て来ますので注意が必要です。
長く放置していたバイクなら、徐々にバルブリフタのクリアランスからオイルが抜けて大丈夫だったりするんですけど・・・

前にも説明しましたが、②のバルブリフタ、これとヘッドのクリアランスが肝で、変形させたりすると、バルブが戻らなく(戻りが悪くなる)なるだけでなく、クリアランスが広くなるとここからオイルが流れ出て、オイルが貯めれない状態になってしまいます。(規定クリアランスでヘッド&リフタの潤滑をして、リフタ裏に落ちたオイルは、バルブスプリング等に飛散した後、トンネルを抜けてカムチェーン室側に流れます。この下に落ちたオイルが高速で伸び縮みするバルブスプリング等で飛散したりで、バルブスプリングヘッド部のシムやコッター・リテーナーに少量のオイルを飛ばして潤滑させます。バルブヘッドのバルブステムシールが傷むと、そこからオイルが排気ポートに流れて焼かれ、マフラーから白煙を出す、“オイル下がり”が起きます。吸気バルブと違い、排気バルブは常に高温にさらされるので、排気側のバルブステムシールが先にお亡くなりになるのが定説ですね)


2013031001.jpg
また、デコンプワイヤー取り付け口のプラグ交換の時も、何も知らずにプラグを抜いたりすると、赤線まで溜まっていたオイルが一気に流れ出てきてしまいます。
バイクを寝かすだけで、溜まったオイルがドバッと流れ出てくるのを抑えられるので、お勧めです。



で、話を戻して・・・

まず、カムチェーンテンショナーを外します。
P1190824.jpg

スプリングでテンションが掛かってるパーツなので、上下の螺子は、少しずつ均等に緩めていきましょう。

2013031003.jpg
カムチェーンテンショナーを抜いたら、カムチェーン室にウエスを詰めて、異物が落ちないようにして、カムシャフトキャップを外していきます。
意外と、そのカムシャフトキャップにダウエルピン(矢印)が引っ付いてくる事があって、ウエス等を詰めずに作業すると、知らずのうちにカムチェーン室に落ちてしまい、組み上げ時に、「あれ?ダウエルピンが無い!?」と騒ぐ事になるので注意しましょう。(カムチェーン室に落ちても、マグネット棒で取れればOKなんですが、そうでないと、クランクカバーを外す羽目になります)
カムチェーンも、今回は排気側のカムシャフトを抜くのみで、吸気側カムシャフトは抜かずに、そのままカムチェーンを吸気カムスプロケットに乗っけたままで作業するのでやりませんでしたが、心配な方は、カムチェーンが落ちても安心できるよう、紐で括って作業しましょう。

P1190830.jpg
排気カムを外したら、バルブリフタを抜きます。マニュアルにはタコ棒で説明されてますが、EGが車体に乗ったままだと、フレームが邪魔でタコ棒が使えません。

って事で、マグネット棒で抜き取ります。シムは何時も通り、リフタ裏に引っ付いて取れてきます。

P1190833.jpg

P1190834.jpg
150シム使用でクリアランス0.19~0.27mmの0.19mmギリギリだったので、それよりも0.05mm薄い145シムに交換します。これで、クリアランスは0.23~0.24mmに収まってくれるでしょう。

P1190835.jpg
後は、リフターを戻し、カムを乗っける前にクランクの位置出して、

P1190836.jpg
カムチェーンをクランク→排気カムスプロケット→吸気カムスプロケットが張った状態(写真の左手で左側に軽く力加えてます)で吸・排気カムスプロケット位置を出して、後はテンショナーを付けて・・・

ここで問題発生。

つっても、作業の問題ではなくて、写真データが・・・
上の画像の下半分がグレーになってるでしょ。実はここからTT-R用フォルダに転送したSDカード→PCの転送が飛んでしまいました!!

よって、カムチェーンテンショナー取り付け→デコンププラグ交換の写真が全部きえてしまったのです!!
最近、カードリーダーに前兆はあったんだけど・・・そろそろ交換かな?(PCのマザー自体に問題あったりして・・・(滝汗))

カムチェーンテンショナーは、OH時の組み上げの時は、エキマニが無い状態だったので、簡単?に取り付け作業できましたが(あのテンショナーを巻き上げた状態を固定したまま本体をシリンダーに取り付ける作業)、今回はエキマニが付いたまま。マフラー一式外すのも面倒なんで、リアショックのサブタンクだけずらして根性でテンショナーを取り付けました。

で、ヘッドカバーを取り付け、一先ずシム交換完了。



お次に・・・例のデコンプワイヤー取り付け口用のプラグ(キャップ)交換なんですが・・・
写真が無いので、やり方だけ上げときますね。

まず、あのプラグ、嵌ってる状態だとどんな形で、どんな風に取り付けられているか解らない方が居られると思いますが、あのプラグの形は、ペットボトルの蓋(実物は薄い金属です)にゴムコーティングされてる形状と思ってください。

ま作業に関しては、

まず、作業性を良くする為に、前方のエンジンハンガーを外します。(外さなくても出来ますが、外した方がやりやすいです)

作業時、必ずオイルが流れ出てくるので、プラグとエキマニの間にウエスを詰めておきましょう。(上記のバイク倒しをやっておけば、オイルが出てくる量もかなり軽減できます。)

貫通の細いマイナスドライバー(3番当たり)のような先端の鋭利な道具でプラグの真ん中辺りに穴を開けます。今回私は、手元にあったラジオペンチを開いて、片側のみをハンマーで軽く叩いて穴を開けました。
注意したいのは、叩きすぎない事。せいぜい5mmも入れば十分です。それ以上奥へ叩くと、ヘッドのベースを痛めます。プラグを抜いた時に中の形状をみると理解できます。
穴をあけたら、オイルが流れ出てくるので、止まるまで待ちます。

空けた穴を利用して、ラジオペンチ等でプラグをコジってやると、大抵プラグが抜けてきます。(この時も、工具を深く刺さないこと。)

シリンダーヘッド側に、プラグの残りカスが残っていたら、ヘッドを痛めないように残りカスを除去します。

新品プラグに外周に軽くオイルを塗って、工具で圧入します。
自分は何時も、12mmのボックスの駒(プラグと丁度合うサイズなんです)にエクステンションつけて、ハンマーで軽く叩きながら圧入します。


これでプラグ交換は終了です。

TT250Rぐらいなら、デコンプなどなくとも軽々キックは踏めるので、こんなデコンプワイヤーの穴など要らないような気がするのですが・・・

排気側の熱負担が掛かる場所なので、このプラグは良く逝きます。
TT-R乗りの方は、作業を覚えておくと良いでしょう


追記:
変換 ~ P1170872
過去に交換した時の画像がありました。この時はニッパーをゴムハンマーで叩いて穴あけてますね。
エンジンハンガー外さずにやってますし・・・(笑)






P1190865.jpg
で、この後、前回、外気温が寒くなって、エンジンが冷えた状態でのエンジン始動困難だったので、FCRキャブのスローを一個上げして(ASは殆ど変えず)、チェーンメンテナンス済ませて、自作オイルクーラーのオイル漏れが無い事を確認してEGガード取り付けて(サイド部両側のフレームナットが潰れてるので修正に手こずりました・・・)、TT-Rの作業は終了。

TT-Rのチェーンメンテついでに、KSRも引っ張り出して、チェーンメンテ済ませます。

P1190875.jpg
チェーンメンテが済んだら、自作防寒パーツ外して(なんちゃってエンジンガードはそのまま)、前にスタンド外す時に傷つけてしまったフレームの塗装剥がれ(画像のスイングアームピボット部の周りの傷)を、

P1190877.jpg
ペーパーで傷をならして、レストア時に作ってもらった純正フレーム色でペタペタと修正。(ムラムラになっちゃった(滝汗))
この塗料、まだ500ccペットボトルに丸々あるんだけど、どうやって使いきろうかな・・・
(ちなみに、後から塗料を作ってくれた後輩に聞いた話なんですが、ずっとウレタンと思っていたら、「いや、うちはウレタンじゃなくて、二液のアクリル塗料ですよ、なんでも地球にやさしいとかで、数年前からそれになってます」だとか。
TT-Rのフレーム色は、別の業者さんに作ってもらったんだけど、そちらはウレタン一液性なんですよね・・・

車に使われる塗料も色々あんるんですね・・・



2013031004ksr2.jpg
パーツクリーナーで綺麗に出来るパーツ(スイングアームとか、2STオイルで気持ち汚れたナンバーとか)だけ綺麗にして、KSRも作業終了!!

ちなみに、二日ほど前から、エンジンがすこぶる調子良くなってご機嫌なんですが、

P1190879.jpg
丁度良い感じなんだけど、高回転はもう少し濃いほうが安心かな?
MJ上げても(現在#105)ニードルで抑えが効いちゃってる(純正よりもテーパー角度はちょいキツメですが、ストレート部がかなり太いので、全開でも抑えが効いてMJが出きってない状態)ので、もう少し自作ニードルに手を加えなきゃ・・・


TT-R/KSRが終わったら・・・今度は車のオイル交換。しばらく怠けてたからいい加減・・・と意地で済ませましたよ・・・


そんな感じで、本日の全作業終了。流石に疲れました。

作業を終えて道具を片付け、TT-Rの横で放心していたら、隣のおばあちゃんから、

「あんた、なんて死んだ顔しとんの?」

と突っ込み入れられてしまいました・・・(けど、昆布巻き頂きました(爆))


一旦部屋でマッタリして、一日何も食べてなかったので、TT-Rの試走を兼ねて近所のラーメン屋に・・・


キャブは随分良くなって、アイドリングも良好。全域過不足無く走るようになりましたが、1/8~1/4がまだちょっと薄いかな??この辺はまたボチボチとデータ出していく事にします。





で、本日(10日)は完全に死んどりました。天気も良くない感じだし。
でもこのブログ書き終わった今、青空がでてきてますね。

防寒しっかりして、何処かに走りに行こうかな??



スポンサーサイト
  1. 2013/03/10(日) 16:01:32|
  2. TT250R Raid
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<実感の春到来 | ホーム | KSR2 バッテリー交換>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satokichi3.blog45.fc2.com/tb.php/176-1d30cbbf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さときっつぁん

Author:さときっつぁん
オートバイと写真が好きな中年おやじです。

FC2カウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

CBR400RR (13)
ZEPHYR750 (9)
TT250R Raid (36)
KSR2 (49)
DT200WR (3)
ツーリング (16)
オフロードツーリング (9)
PIXIS VAN (11)
カメラ (29)
釣り (5)
音楽 (5)
未分類 (59)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

いらっしゃいませ!

現在の閲覧者数:

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。