緑と水の豊かな国に生れて

見たこと・感じた事、適当に書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

TT250R Raid  9/22 午前の部 ステップ修理編

P1201.jpg
前の営業所に大きなハンマー(別名:スレッジハンマー。関係ないけど「俺がハマーだ!」もう一度再放送してくれんかな?w)があったので、借用してたのですが・・・
前にも書いたとおり、いきなり営業所を変えられてしまったので、ほぼ頂き物になってしまいました(汗
ま、あんだけ苦しめられたので(しかも首ヘルニアまで発症してしまったし・・・)、これぐらいは文句言わせません!(爆)



で、ニ週間ほど前でしょうか、ちょっと時間のある時にステップをこのハンマーで軽く小突いてみたら・・・
手持ちで一番大きいハンマーで何度叩いてもびくともしなかったへし曲がったステップベースがいとも簡単に!!

でも、メインフレームとステップホルダーをつなぐ一番分厚い部分も曲がってしまっていて、ココだけは修正不可能なんで、ステップホルダをどこまで戻すか随分悩みました・・・(曲がった分厚いプレートが戻らない分、叩いて内側に入れてしまうと、メンテでシフトペダルが抜けなくなっちまうし、シフトペダルが抜ける範囲までで叩くのをとどめると、やっぱりステップが元の角度まで戻らないし・・・)


で今日、順延になったクラブのツーリングもものの見事に潰れてしまったので、朝から修理して今日中に仕上げる事にしました。
実は、昨日仕事だったんですが、その二日前まで仕事とは知らず、「土曜日直せばいいや」と思っていたのが、残念ながら仕事だったんで、今日クラブのツーが流れたのは逆に嬉しかったりw
P1202.jpg
久しぶりに、スズキッド・アーキュリー120の出番です!奮発して買った溶接機ですが、意外と活躍する場(私が壊してるだけですが・・・)があるので、無理して購入した甲斐がありましたね。


P1203.jpg
スレッジハンマーで叩いて修正したステップホルダー。チェンジペダルが抜けるようにするために、この位置が限界です。(この状態でステップをつけると、まだまだ後ろ斜めに付いてしまう形になってしまいます)

P1204.jpg
スレッジハンマーで叩いてたとき、割れた部分の逆側(写真のステップホルダ右上部)も引っ張られて裂けてしまって・・・
ここも溶接で埋めておきたい所です

P1205.jpg
相変わらず下手糞な溶接ですが、ひとまずこれでバッチリでしょう。

お次に後ろ側ですが・・・

P1206.jpg
キッタネー

とりあえず、使用するには過不足ない感じで溶接できてるし、色塗るとそれないに誤魔化せますし・・・
(実は、アースの取りかたが不十分だったみたいで、芋づけになってしまったものを意地で繋がるまでパチパチやってしまったのが原因です・・・)


P1207.jpg
補修用ウレタンペイントを適当に・・・(つか、筆が無かったので歯ブラシで塗った(笑))
意外と気にならなくなるし、誰もこんなとこマジマジと見ないからね~


P1208.jpg
で、分厚いステップホルダベースの曲がりが戻らない分のステップの曲がり(この時で、へし曲げた時と、正常の丁度中間ぐらいの曲がり角度)分は・・・ステップ本体のステップホルダにあたる部分を削って角度調整。

P1209.jpg
何度も付けたり削ったりして調整していきます。


P1210.jpg
上がへし曲げた時。下が修正後。これで、バッチリとステップ角度が戻りました!


まずは重症だったステップを修正した後は・・・


ドレンボルトから、ジワジワと漏れるオイル漏れ。
前にゴミでも挟んだのかな?と、ドレンボルトを半分ぐらい緩めてワッシャー含めてパーツクリーナーで清掃したんですが、まだ漏れてきてたんです。

まだ、前のオイル交換から900キロほどですが、ここは潔くオイルを抜いて不具合を・・・

写真はありませんが、ドレンワッシャーがものの見事に“虫食い”みたいに腐食してて、オイルの通り道が出来てました。

で、

新品ワッシャ用意してません!!

なので、オイルストーン使って、均等に削りを入れて虫食いが無くなるまで丹念に磨きました(汗


で、エンジンに新品オイル入れて二時間ほど見てましたが、今度はオイル漏れありません!

次のオイル交換までに、新品ワッシャそろえておこう!!(と言いながら何時も忘れるのですが・・・)



次に・・・

林道用のVEタイヤが付いたままのホイールだったので、ツーリング用のホイールに換装しようと思ったら、ここで新たなオチが!!


フロントホイールを外したら、カラカラカラと地面に何かが落ちた!




その落ちた物体とは!?









P1212.jpg
ブレーキパッドが剥離して落ちてやんの!!w

このパッド、巷で悪名高い“YAMASHIDA”のセミメタルなんですが、中々減らなくてずっと使い続けているのですが・・・


YAMASHIDA等の、安い海外製のパットは、使ってる分には普通にブレーキも良く効くのですが、なが~く使うと、これが良くあるんです。(私は解ってて使ってます)


ま、新品パッドは持ってるので、変えるのに良いタイミングになりました。


で、次のパッドは・・・


P1213.jpg
同じYAMASHIDA製!!w

でも、こちらはメタルが入ってないオルガニックパッド(とメーカーでは言ってるみたいです)です。

リアは、このパッドが2セット目に入ってて、とにかく効きが良すぎで、その分減るのも早い!(柔らかいので、ブレーキローターにはやさしいです)
減るのが早いから、剥離する前に交換時期に入れるので、しばらく之で行ってみようかと・・・

折角パッド交換するんですから、もちろんブレーキピストンの揉み出し&キャリパーピン&パッドピンは綺麗にしてグリスを適材適所に確り補填。出したピストンも、指で戻るぐらい動きが良かったので、OHはまだしばらくしなくても良さそうでした。


ちなみに、リアにこの抜群に聞くオルガニックプレート入れてるんですが、ブーツをSIDIのクロスファイヤに変えてから、ブーツが硬いせいか、林道では繊細なブレーキタッチが出来なくなって困ってます。
もう少し効きの悪いパッドに交換する予定です。


あっ、そうそう、知り合いに、ダートマシンにメッシュホースを入れてる人が居て、“カチッ”と効くフィーリングが好きだと言ってる人がいますが、ダートでの下りや、ブレーキポイントでの轍、&玉砂利等で全然ブレーキを使いこなせていない方がいます。

オンロードのような、アスファルト上でのブレーキの掛け初めからリリースポイントまでが一定のミュー(しかもきっちりグリップするアスファルト上)ならば、その“カチッ”で十分にサスが仕事してブレーキングができる状況なんでしょうが、玉砂利が浮いてたり、泥濘が所々あったり、ガレてたり、轍があったり・・・(それがリアトラクションの抜けやすい下りならなおさら)と、一本の林道でも、各コーナーでトラクションが簡単に抜けるようなコンディションがバリバリの所で“カチッ”と効くブレーキが如何に扱い辛いかよく理解されていない方が居ます。(掛け初めからリリースまでの5m~10mのワンブレーキングでゴロゴロ路面変化するのも当たり前)

まして、まだ体加重移動がうまく行ってない(ハンドルにしがみついてたり)状態で、さらにガチガチのオフブーツ履いて・・・そんな状況で、初期制動のキツイブレーキを“ブレーキを舐めるように効かす”等などできるはずがありません。ちょっとパニクルとロックさせて飛んでくのが関の山です。(逆にこれが怖くてまともに踏めなくなるか・・・)

大体、オフ車でそんなにブレーキを“カッチリ”効かすのが当たり前なら、レーサーやハイポテンシャルの車両に、初めから有名所のブレーキメーカーのブレーキシステムがバンバン付いてて、オフの雑誌にも、カスタムパーツとしてキャリパーやマスターが惜しみなく宣伝されてる筈ですが、オフの雑誌等ではそれはほとんどありません。

良いもの・高いものは何でも良い!の物偏重主義の方とは、何時も話がかみ合わない事があるのですが、良く物を理解していて、それを使いこなす(こなせれる)方が意外と少ない事には驚きます。
(オンでも、濡れて滑りやすい路面等に、初期制動がきつく出るメッシュホースは、逆にブレーキが難しくなると言ってる、“理解している先人”が居るのは確かですからね)

「上手い人が使ってるから・・・」

それはそうでしょう。荒れた路面の変化や加減速は全て体移動で自然にいなし、手足はフリーに出来るような人達ならば、その手足は繊細なブレーキタッチに専念できる・・・ただそれだけです。

自分一人が思い込むのは勝手ですが、何も知らないこれからの人等に力説するのは勘弁してほしいと常に思います。



と、話ずれましたが・・・



ブレーキパッドつけてキャリパー組んでホイールも換装して、後は・・・



P1211.jpg
割れたウインカーレンズと玉の交換。
ウインカーレンズは、同年式ぐらいのセローやDT系と同じウインカーレンズなので、オクで安い時に買いだめしてるんで困らないんですが、この切れた玉の色・・・なんでこんな白い膜が出来ちゃってるんでしょう。驚きました。



で後は・・・


最後の最後まで確り忘れてた、片側の鏡部分だけ抜けてなくなったバックミラー
右側が無くなってしまったので、右と左を入れ替えて、新しいミラー買うまでこれで我慢・・・って事で。


三ヶ月ほど放置していたRaid君、すっかりバッテリー電圧も落ちてしまっていたので、キックで掛けてみると・・・

軽々一発始動!!(これは自分でも驚いた!)



昼過ぎに作業を終えたので、午後は軽~く、気になるあの物を食べにツーリングに出かけますよ!!


午後の部に続く・・・
スポンサーサイト
  1. 2013/09/22(日) 23:45:07|
  2. TT250R Raid
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<TT250R Raid  9/22 午後の部 鶏トマ丼ってなんぞや?編 | ホーム | 結局病名は・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satokichi3.blog45.fc2.com/tb.php/203-7fa154a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さときっつぁん

Author:さときっつぁん
オートバイと写真が好きな中年おやじです。

FC2カウンター

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

CBR400RR (13)
ZEPHYR750 (9)
TT250R Raid (36)
KSR2 (49)
DT200WR (3)
ツーリング (16)
オフロードツーリング (9)
PIXIS VAN (11)
カメラ (29)
釣り (5)
音楽 (5)
未分類 (59)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

いらっしゃいませ!

現在の閲覧者数:

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。