緑と水の豊かな国に生れて

見たこと・感じた事、適当に書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

KSR Fブレーキオーバーホール キャリパー編

昨日・一昨日と、毎年楽しみにしているショップの一泊林道ツーリングがあったのですが・・・

Raidはバッチリ動けるように修理&セッティングを終わらせてあったのですが、先週一週間ほどヘルニア痛が出てきてたので、

孤独に宿まで、車で別行動参加してきました(泣)


皆と遊ぶツーリングは諦めましたが、単独行動ということもあったので、今年諦めてかけていた長野方面への紅葉狩りで確り穴埋めはしてきましたけどねw



で今日は、前からブレーキタッチに違和感バリバリの症状が出ていた、KSRのFブレーキオーバーホール済ませときました。

内容が長ったらしいので、二回に分けてアップします。
まずはキャリパーの清掃&シール交換からドゾ

20131104.jpg
2013/9/28高ボッチ山からの諏訪湖の夜景


丁度二年前、KSRを購入した時のブレーキキャリパーは純正のままだったのですが、ブレーキマスターは

P1140883.jpg

この、何処のだかわからないような怪しい物がついてました。(ゴミ確定!)

こんなブツ、OHの時に部品を探すのも面倒だし、メッシュホースも私には全く必要としない物だったので、直にオークションでマスターからキャリパーまで一式揃ったノーマル中古品を落としてKSRに移植したのですが(キャリパーは、車体に元から付いていた物の方が程度が良かったので、元のものをそのまま使用してます)、組んだ時は何事もなかったのですが、ここ一年ほどで動きに渋さが出てきて、最近は微妙なタッチ・・・なんて程遠くなってきてました。

ま、その中古マスターも、年式からすればとっくに逝っててもおかしくない物だし、元キャリパーもピストンも親指で動いたいたし、ダストブーツも生きてはいたんだけど、何時・どれだけ使用したものかもわからなかったので、一気にリフレッシュする事にしました。


フロント・リアのマスターキット&ダストシール+オイルシールは全購入していますが、今回はフロントだけ実施します。(リアは、そろそろタイヤ交換なんでその時にでも・・・)

あっ、ちなみにブレーキ整備・修理等は、本当は指定工場で整備するのが決まりなんで、ご自身でやられるかたは、あくまで自己責任となります。この記事参考にされても、責任は一切もてませんです。ハイ




P1210171.jpg
二年5000キロでフルードは確り真っ黒けになってますね(汗


P1210176.jpg
タンクのオイルを切らさないように注意しながら、ブレーキをニギニギしてピストンを出して、ピストンがグラグラになったら、オイルタンクに残ったブレーキフルードをある程度抜き取って(そうしないと、ピストンを抜いた後に、全部キャリパーに流れ込んできちゃいます)、ブレーキホース&キャリパーに残ったフルードが流れ出してくるの(受け皿用意しときましょ!)を注意しながら、


P1210179.jpg
キャリパーピストンをひっこ抜きます。(随分汚いですね・・・)

P1210182.jpg
キャリパー側の底部に位置する(画像の左上奥部分)場所にはヘドロのような物が蓄積してますね・・・


P1210184.jpg
オイルシールが嵌る溝への傷はご法度なんで特に注意が必要なんですが、溝にこびりついた汚れ等は、ピックアップツール等を使用して、絶対にシール溝に傷をつけないように注意しながら(耳掻きで耳クソを取る時の要領?)汚れをこそぎ取っていきます(汚れたまま新品シールを入れても、ゴミで隙間が出来てしまうので、念を入れて)

P1210189.jpg
ブレーキシリンダー&ピストンも全部汚れを取って(ピストンは真鍮ブラシで一発です)清掃終了。



次に、新品のオイルシール&ダストシールの取り付け・・・なんですが、KSRのダストシールはシリンダー・ピストンの両側の溝にシールをはめ込むタイプなので、

まずは、オイルシールに軽くブレーキオイルを塗布してシリンダーにはめ込んで、次にダストシールにもフルードを塗布して(この時、キャリパーのエア抜き用のバルブは緩めておきましょ!)

P1210191.jpg
ピストンの奥側に一旦仮ではめ込んで・・・

P1210192.jpg
その状態でシリンダー側の溝にシールをはめ込み・・・

P1210193.jpg
ダストシールがシリンダー溝に綺麗に嵌ったら、ブレーキピストンをシリンダーに真っ直ぐにして、無理せずジワジワッとシリンダーにはめ込んで、ピストンを奥まで入れてダストシールがピストン側の溝に綺麗に嵌るのを確認したらキャリパーのシール交換は終了です。



次回はマスター側のオーバーホールですよん
スポンサーサイト
  1. 2013/11/04(月) 21:03:10|
  2. KSR2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<KSR Fブレーキオーバーホール マスター編 | ホーム | 今年のオフシーズンも忙しくなりそうだなぁ・・・>>

コメント

こんばんは

おつかれさまです。

社外キャリパーに変更しているしている私はご存知の通りOHに大変苦労しました。
最近はメンテしながら長く乗るには純正が一番だということが身にしみてよく分かります。
純正パーツの持つ意味・・・社外品でバランスを崩しまくってる私にはこれも良く分かります。

首は痛みの強いときだけコルセットがいいかもです。
  1. 2013/11/05(火) 23:54:11 |
  2. URL |
  3. なべちゃん #-
  4. [ 編集 ]

Re: こんばんは

なべちゃんさん、ドモです。

>社外品でバランスを崩しまくってる私にはこれも良く分かります。
カスタムは、その人の使用用件にあった物・・・・が一番大きいとおもうので、例えばサーキットを走る為に、絶対的に社外品のほうが性能の良くなるものや色んなものがありますが・・・KSRは、年式的にみても、これからも動体保存で楽しんでいくなら、補修部品の面でも安心できる純正が一番だと思ってます。パーツ有無・保持期間の怪しいカスタムパーツは、やっぱり安心できませんよね~

  1. 2013/11/07(木) 01:05:16 |
  2. URL |
  3. さときっつぁん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satokichi3.blog45.fc2.com/tb.php/209-d0b9d8d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さときっつぁん

Author:さときっつぁん
オートバイと写真が好きな中年おやじです。

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

CBR400RR (13)
ZEPHYR750 (9)
TT250R Raid (36)
KSR2 (49)
DT200WR (3)
ツーリング (16)
オフロードツーリング (9)
PIXIS VAN (11)
カメラ (29)
釣り (5)
音楽 (5)
未分類 (59)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

いらっしゃいませ!

現在の閲覧者数:

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。