緑と水の豊かな国に生れて

見たこと・感じた事、適当に書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

PIXIS 天井防振断熱

え~修復中のCBRは一先ず作業止めてます

作業を止めてる理由は、もちろんPIXIS VANなのですが・・・


まだ登録が一ヶ月も先なのに、ディーラーの敷地内で好き放題やらせて頂いてます!!(笑)


一先ず、5月に予定?されるであろう、しまなみKSRミーティングまでには、快適仕様に仕上げておきたいですからね~


で、まずは「パワワワ~ン」と鳴りまくるボディーの制振処理。

今日は、天井とリアサイド、そしてリアゲートまで行きたいとこなんだけど・・・

P1210850.jpg
各ピラー&リアサイドトリム外して、成型天井外しますよ~

P1210858.jpg
はい、外れました(笑)

本当はフロントのオーバーヘッドシェルフ(天井小物入れ)も外したかったんだけど、真ん中についてるルームランプ内の螺子二本が馬鹿みたいに硬くて、あやうく螺子つぶしかけました・・・(なんせ天井なんで、それ以上に馬鹿力かけると天井を凸しそうで・・・(滝汗))
でも、オーバーヘッドシェルフは完全に外さなくても天井は落ちるみたいだったので、サイドの螺子と、サンバイザーを外し、ルームランプ螺子だけ外さずにシェルフを半落としして成型天井を抜き取りました


P1210859.jpg
天井裏に入ってた、

この申し訳なさそうな吸音&断熱材が・・・


コイツは別の所で頑張って貰うので、丁重に天井から外します(両面テープで引っ付いてるだけです)


P1210864.jpg
天井補強外して、その断熱材も取っ払って、ものの見事に一枚鉄板になった天井です。
どこを小突いても、

「パイイ~~~~ン」


と盛大に鳴いてくれちゃいます。


こんなんじゃ、大雨の時なんか、どうなるか想像ついちゃいますよね




P1210872.jpg
今回、ボディーに選んだ制振財はレジェットレックス。(大判の1000mm×500mm)
これを、鳴いてしまうボディー各部にと8枚用意したんだけど、それなりの重さがあるので、天井には3枚が限度かな?



P1210874.jpg
鳴きがひどい所にザックリ貼って、結局2枚半で天井の制振は終了。これだけ隙間があっても確り制振効いてます!(つか、ちょっと貼り過ぎか?)
あの小突くと「パイイ~~ン」と軽い音で鳴っていた天井が、何処を小突いても「コッ」と重い音で瞬時に振動が抑えられているのがわかります。


ちなみに、よく制振材を細かく切って碁盤の目のように張ってるのを見るんだけど、同じ量の制振材(このレジェやゼトロタイプ1のようなアルミ等の金属箔が貼ってあるタイプ)を使うなら、出来れば制振材は“大きく長く”張るのがベスト。(全面張りが最強だけど、重くなりすぎになるので全張りは論外としての話)

製品によるブチルゴムの比重も確かにあるんだけど、一番の理由は、薄い鉄板を二枚張り合わせたときの効果の違い。
例えば、大きな薄い鉄板(この場合天井)に、小さい薄板を離して一枚ずつスポット溶接付けするのと、同じ薄板で長細い板を数箇所スポット溶接した時の全体強度の違いと言えばわかりやすいかな?

薄い鉄板を二枚張り合わせて、互いの膨張を抑えて振動を打ち消す為に厚めのアルミ箔が貼ってあるので、あまり細かく切りすぎると効果が少なくなっちゃう訳。(どうしても細かく切って並べるなら、碁盤の目のようにするのではなく、積みレンガのように各列をずらしてやるのが良いです)

ま、どんな方法でも、貼ってあるのと貼ってないのではまるで別物なんで、やられる方はお好きな方法でチャレンジしてみてくださいね。




で、レジェを張り終わったら、



P1210876.jpg
吸音と断熱を兼ねたポリのウールをたんまり装填。

軽くて効果もあって、でも馬鹿高い3Mのシンサレートなんかが定番になってたりしますが、私は



安いふ○ん


を解体したポリエチレンウールを使用しました。
シンサレートよりも重いですが・・・それでも、○キロ単位の話ではないので、これで十分です(笑


後は成型天井をサッサと戻して、お次は、






P1210879.jpg
このリアサイド。ここも盛大に「パイイ~~ン」と鳴くところなので、それなりに制振処理。
画像右のピラーの袋の部分の室内側の鉄板も極薄で鳴きがひどかったので、内側から制振材貼り付けて処理してます。



ここも制振材貼り終えたら、


P1210880.jpg
吸音材を放り込みます。
軽バンなので、ここの隙間もペランペランなのですが、一応、タイヤが発生するロードノイズ対策になるのではないかなぁ~と・・・
(ふ○ん解体した時のポリウールがあまっていたので、「ゴミで捨てるのがメンドクサイ」と言う理由から、ココに放り込んだのが一番の理由なんて言えません(汗))


で吸音材も放り込んだので、



P1210882.jpg
トリム裏にも軽く制振処理。


続けて、




P1210883.jpg
天井に貼り付けてあった、薄っぺらい吸音材がここで活躍(笑
狭~い隙間なんで、店売りの薄くても1cm厚のニードルフェルトやウレタンチップでは厚すぎるんです。




一先ずリア両サイド終わらせて、各ピラーも軽く制振材処理して元に戻し時間切れになってしまいました・・・


リアゲートまではたどり着けなかった・・・(泣)




フロア系の制振・防音はまた別の機会と考えていて、一先ず終わらせておきたいのが、リアゲートとスライドドア部。

明日は雨みたいなので制振作業は進めれませんが、車の中でエンジンルーム内の吸音処理でもやろうかな~と考え中であります。



明日も頑張ります!(多分






スポンサーサイト
  1. 2014/02/01(土) 21:52:54|
  2. PIXIS VAN
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<PIXIS リアゲート&スライドドア&エンジンルーム制振・吸音作業 | ホーム | ご無沙汰してました(汗)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satokichi3.blog45.fc2.com/tb.php/224-56db7012
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さときっつぁん

Author:さときっつぁん
オートバイと写真が好きな中年おやじです。

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

CBR400RR (13)
ZEPHYR750 (9)
TT250R Raid (36)
KSR2 (49)
DT200WR (3)
ツーリング (16)
オフロードツーリング (9)
PIXIS VAN (11)
カメラ (29)
釣り (5)
音楽 (5)
未分類 (59)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

いらっしゃいませ!

現在の閲覧者数:

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。