緑と水の豊かな国に生れて

見たこと・感じた事、適当に書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

PIXIS ノックスドール オートプラストーン

ノックスドール



この名前聞いて、「ピンッ」と来た方、マニアですねw



このノックスドールとは、主に塗りつけタイプの制振や防錆材を売りにしているスウェーデンの製品で、ボルボに純正採用されている等で有名ですね。

以前、インストーラーをしていた時に、ウーファーBOXに3101という制振コンパウンドを使用していたんですが、これが中々の高性能であった為か、このノックスドールと言うメーカーには安心感を覚えていたんです。

ノックスドール

今回は、塗膜が薄くて錆びやすい・・・と評判の軽(バンだけか?)に、防錆と遮音を兼ねてオートプラストーンをPIXISに施工してみる事にしました。

P1210920.jpg



このオートプラストーンは、防錆材としてだけでなく、遮音にも効果があるようなのですが、他の普通乗用車に施工された方の記事を読むと、ロードノイズの遮音効果は「効いてるのかな?(塗ってる量にも関係するけど・・・)」程度らしいのですが、目立った効果として上げられるのが、水溜りや砂利道等でのホイールハウス内での衝撃音緩和のようです。


ま、あくまで普通車乗用車ですからね。
しかも、ブログに上げられているのは、元々がそれなりの乗用車が多くて、しかもガッツリ塗りこんでる人、そういないみたいだし・・・(メーカー推奨皮膜の厚さは3mm~8mmらしいんですが、個人施工の方のブログを見ると、3mm未満の方が結構いるみたいです。)




ちなみに、近頃の普通車を見てみると、(ディーラー内に置いてあった新車を参考に(笑))



カローラフィールダー(リア)
P1210968.jpg
もう初めからそれなりの物が確り塗りこまれてますね


スペード(リア)
P1210970.jpg
はい、こちらも確り塗りこまれてます。


既にそれなりの物が施工されている普通乗用車ですから、これに施工して効果を得ようとしたら、それなりにガッツリ行かないと目だった効果は見られないのではないかと・・・



で、うちの子(まだ登録すらされていませんが・・・)はと言うと、


バン(貨物)


だけあって、


P1210703.jpg
申し訳ない程度に何か(白っぽいやつ)吹き付けてあるだけ・・・(泣

P1210704.jpg
なんか、乾く前に指でこねくった跡あるし・・・


元がこんな状態なので、ある程度対策されてる普通乗用車よりは絶対に効果が出るはず・・・と思ってます。


ちなみに、まだ乗って走ってすらいないのに、新車で塗りこむ訳は、しばらく走って汚れてから施工するのと、汚れていない新車で施工するのでは、作業性&密着性が全く違いますし、錆び止めとしての塗装はやはり純正の塗装が一番強いので、その純正塗装が痛む(錆びる)前に塗装保護の意味合いも兼ねてが理由です




で、今回用意したオートプラストーンは全四缶。
他のブログの方を見ると、軽よりも大きい普通車に2缶ぐらいの施工の方が多く、「少なかったかも・・・」と書かれていた方が多かったので、


んなら、一つのホイールハウスに一缶ガッツリ使ったるがや!!


と、勢いで4缶行ってみる事にしました。ケチって後から再施工なんてのも面倒ですからね~



施工は、一昨日(9日)と本日の二日に分けて行いました。(と言うか、本当は一日で済ませるつもりが、思ったより大変な作業で、初日でフロントやって力尽きました・・・)




まず、ホイール&泥除け外して、フェンダー・ブレーキ等はマスキングテープやビニール&新聞紙等で確りと養生しておきます。(自分の性格上、絶対にあちこち付けまくるので・・・)


そしたら、待望のオートプラストーン開封します


P1210921.jpg
これがうわさの「ごはんですよ」状態のオートプラストーン

メーカーの説明では“刷毛塗り”と書かれてますが、施工者の方々を参考にすると、刷毛ではまるで作業できず鉄べらや、ツワモノの方はしゃもじとか、色んなものを使用されている方が見えましたが、私は画像の樹脂ヘラ、これならある程度の硬さまで十分使用できるし、塗り慣らす時に適度にシナリがあるので重宝します。(作業終了しての話ですが、やはりこのサイズが一番使いやすいです。もう一つ大きいのも用意してたんですが、結局使わず終いでした)


後ゴム手は必須ですね。余裕があれば、1ホイールハウスに一組ぐらいが丁度良いでしょう。



P1210922.jpg
これも、ノックスドールを塗る時のお約束の“指塗り”
角とか狭いところとか、ヘラでは塗りにくい所はこれが一番。
気をつけなければいけないのは、ゴム手のサイズ。余裕のサイズで指が余ってしまうと中々うまく塗れないので、指先があまらないサイズのものを選ぶと吉です。



P1210923.jpg
まずは、奥の狭い所から。先にフェンダー裏とか塗っちゃうと、奥を塗ろうとして頭を入れたときに大変な事になっちゃいます。

このフロントサスの部分は、丁度ダッシュボード下の部分。室内に絡むところなので、気持ち多めに、上のほうまで確り塗りこんでいきます。


P1210926.jpg
泥除けに隠れるところは防錆程度に薄めに塗って、タイヤが巻き上げた水が当る所や室内に絡むところはキッチリ厚塗りしていきます。
樹脂部分にもタップ塗りこんでみましたが、密着性はなかなか良さそうです。時間がたったら剥がれ落ちる可能性も無きにしも非ず・・・ですが、そこは割り切りで(笑

で、一先ず完成。軽のフロントホイールハウス一箇所に尽き一缶は超ガッツリ塗るには丁度良い量です。(薄いところで2mmぐらい。厚いところで5mmぐらいで)
泥除けは、乾いてから取り付けることにします。


これをもう片側やって初日は力尽きました・・・




で、今日はリア側。


リア側は、フロントに比べ、パッと見平面箇所が多くて楽チンかな?と思ったんですけどね。実際は結構大変でした。



まずオチなんですが、ホイール外してロアアーム見てみたら、






P1210958.jpg
ディーラーに車両が届いて三週間。
オドメーター距離13キロ
雨ざらしだけど雨天走行無し
もち未登録車。


で、ま~はい(早)錆び出とるガヤ!!


溶接痕なんでしょうがないって言えばそれまでなんだけどね・・・ちょっと切なくなりました



こんなもん(物)





P1210961.jpg
これで見なかった事にしたるわ!!(笑




所詮軽だなぁ~~~~・・・(いや、普通車でもありえるか・・・)



実は、このオートプラストーン施工が済んだら、ディーラー(の後輩)にシャーシブラックを塗ってもらう予定(今週末に油性品3本分)になってるんだけど、頼んどいて正解だったわ。あまりにもモロ過ぎる!!

シャーシブラックは、錆が出てから・・・とか、車検の時のみ・・・とか思ってる人がいるみたいですけど、



愛車を長く乗りたいのなら、新車からやっておいて絶対に損は無いです。


査定にも響きませんし、逆に汚く(錆で)なったシャーシより、塗っていて錆びてない方が査定では良い結果が出るかもしね


ちなみに、沖縄とかの沿岸部の所とか、東北・北海道等は、新車時にシャーシに錆止めを施工するのが常識になってるそうですよ。(オートプラストーンとかのノックスドール・錆止め製品を塗るディーラーもあるみたいですね)




話を戻して、リアの施工開始です。



まず気になる部分



P1210947.jpg

リアタイヤの跳ね上げた水がモロに掛かる所にある、あのフレームの穴の数々。



フレームの中に水が入って内側から錆びるのは、TT250R Raidのシートフレームだけでもうたくさんです!!


よって、


P1210949.jpg
余ってたレジェットレックスで塞いでやります。(意外と純正の防錆材にも確りと密着しました。)
アルミテープでも良いとは思うのですが、どうせオートプラストーンで厚塗りする所なので、重め(厚め)のものの方が良さそうだったので贅沢にレジェットレックスを貼ってみました。



次に、




P1210942.jpg
あの三角に開いた所。な~んか気に食わない。



これも、


P1210957.jpg
塞いでやりました。




で、オートプラストーン施工を開始したのですが、フラット面ばかりで楽チンと思っていたのに思い切り手を焼いたのが、



P1210963.jpg
このフェンダー裏!ここ二重になってる所もあって手が入りにくいので、車体下に潜り込んで塗りこみました。

フロントは、フェンダー裏に樹脂カバーがしてあったので気にも留めていませんでしたよ・・・(泣


悪戦苦闘してフェンダー裏の処理を済ませたら、



P1210972.jpg
P1210974.jpg
先ほどのレジェットレックスで埋めたところも含めて、ガッツリと塗ってやりました。(既にどこにレジェットレックスが貼ってあるか解らないほどです。レジェが2~3mmなので、5mm以上は確実に入ってると思います。)
特にタイヤの巻き上げた水しぶきが一番掛かるリア壁と、裏が直接室内系(ピラー等の袋になってますけど)になってる天井・前壁は超厚塗りしてやりました。(メインフレームとかはそこそこに塗っておいて、一缶使い切る形で、余りは全部厚塗りにまわしてやりました)


これを、もう片側もやって、今日はリア左右でノックダウンです。(フロントもリアも、徹底的にやると、一つのホイールハウスで2~3時間掛かりますね・・・)

それでも、たがだか軽バンごときに、オートプラストーンを4缶確り仕込んでやりましたわい。(これで納得いく防音効果でなかったらどうしましょ・・・(苦笑))




ちなみに、二日前にフロントに施工したオートプラストーンを触ったら、手には付きませんでしたが、まだプヨプヨした感じです。随分厚塗りしたから当然か・・・
でも、夜間から朝に掛けて0度付近で、日中もせいぜい10度ぐらいにしかなっていなかったのに、思ったよりも硬化が進んでいて助かりました。




今日の作業は一先ずここまで。
これで自分が行うボディー系の防音対策はほぼ終了しました。実際に走らせて好結果が出るとうれしいですね。
後、防音関係でやることと言えば、フロアぐらい。遮音マットでガッチリ遮音してから、適当にマット買って(まだマット類は何も買ってません)大方終了と行きたい所です。





が!!



エンジン掛けてあることをしたら、それどころでは無いほどの爆音機能?がみつかってしまいました!!!


これは・・・納車後に3日ぐらい掛けて(もち走行不能状態にして)対策しないと無理かも・・・
またその内容はその時にでも・・・






週末は、リフトで上げてシャシブラック&配線通しとか、オプション取り付けとか、後付けの社外のオートライトキットとか、エンジンスターター付きのセキュリティーとか、目玉のオーディオとかホントやることいっぱい過ぎますね・・・





でも、早く目標に仕上げて気持ちよくドライブに出かけたいので、頑張るしかありませんね。




早く乗りて~~~~~~~
スポンサーサイト
  1. 2014/02/11(火) 22:14:42|
  2. PIXIS VAN
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<PIXIS シャーシブラック・ライト周り作業完了 | ホーム | PIXIS リアゲート&スライドドア&エンジンルーム制振・吸音作業>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satokichi3.blog45.fc2.com/tb.php/226-be88dded
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さときっつぁん

Author:さときっつぁん
オートバイと写真が好きな中年おやじです。

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

CBR400RR (13)
ZEPHYR750 (9)
TT250R Raid (36)
KSR2 (49)
DT200WR (3)
ツーリング (16)
オフロードツーリング (9)
PIXIS VAN (11)
カメラ (29)
釣り (5)
音楽 (5)
未分類 (59)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

いらっしゃいませ!

現在の閲覧者数:

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。