緑と水の豊かな国に生れて

見たこと・感じた事、適当に書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

PIXIS シャーシブラック・ライト周り作業完了

昨日・今日と、またまたPIXIS弄って来ました。



で、今日ディーラーに向かう途中、買い忘れていたミニ平ヒューズを買いにジェームスに立ち寄って、無事ミニ平ヒューズは手に入れれたのですが、ちょっとお腹が痛かったのでトイレを借用した時に事件が起こりました。



事を済ませ、壁に固定されたウォシュレットのボタンをポチッ!


“シャ~~~~~~”


いや~、やっぱウォシュレットは良いですね~~
自分の部屋のトイレにはついてないので、いつか買おうとは思ってはや15年(二十代の時にうっ血痔やってから・・・(汗))。
買おう買おうと思いつつ、未だに買ってません。


で、勢いを“強”にとボタンを押すと、液晶がスッと消えて、数秒で復帰。でも水の勢いの設定が変わらない・・・
3度ほど試してみるも同じ状況。
んん~~~、既にシャワーを出し始めてから30秒ほど経過して、だんだん水の温度が冷たくなってきた・・・


しょうがないので、水の勢いは諦めて、“止”ボタンを押してみると、またしても液晶がスッと消えるだけで、水が全然止まらない!!


ええ、何度やっても止まらないんですよ!!




この時に、やっと気がつきました。


壁掛け無線タイプのリモコンですから、



単にリモコンの電池が切れているだけ!!!

って事に・・・




運よく、起動の一発だけ送信飛んだみたいです・・・





既に、ウォシュレット起動から一分ほど経過。
既にお湯ではなく水になってきてます。実に冷たい。

その冷たい水に我慢しながら、冷静に、


「このまま動けば噴水状態は間逃れないなぁ~~~~、さてどうしたもんか」



ま、ウォシュレットも所詮電気物ですからね。電気の元を止めてやれば良いだって事になって、振り向いてコンセントを確認。



ウォシュレットから出ているプラグに、非常停止ボタンみたいなものがあったので、コンセント抜く前に試しに押してみたら、何とか水も止まってくれました。






ま、そんだけなんですけどね・・・


レジのねーちゃんに「電池切れてるよ~」だけ言ってジェームスを後にしてきました。


そんでは、昨日・今日の経過報告です。
P1210983.jpg


14日の金曜日に、やっとメカのH君の手が開いたようで、注文していたオプションパーツ(と言っても、バイザーとフォグランプとキーシリンダーライトぐらいしか購入してませんが・・・)を取り付けていてくれたのですが、その時にチョイと問題があったようで、仕事中に彼から電話が掛かってきました。

その内容は、

「フォグに配線付いてないんですよ・・・」



実は二週間ほど前、オプションパーツの値段を出してもらう時に、

「サトさん、フォグなんですけど、スイッチは別の料金(4000円ぐらい)になってるんですけど、どうします?」

と聞かれ、

「スイッチだけで4000円は高すぎるわ。んなもん自分で何とかするから、スイッチは注文から外しといて」


って事があり、フォグ本体のみを注文してたんですが、どうやら、そのスイッチの方に配線の類がもろもろ入っていたみたいで(どおりで高い訳だ)、電話でフォグ本体の内容を確認すると、本体からアダプターチックに10cmほどの配線はついてるとの内容が・・・


「あぁ、それだけ配線で出てれば十分ですわ。明日行って何とかするわ。」


と電話を切りました。


丁度ヘッドライト関係を弄るのもあったし、配線の引き回しもしたかったので(ハイゼットカーゴ系は、バンパー外さないとヘッドライトが抜けないし、ヘッドライトを抜かないと、バルクヘッドグロメットのアクセスが難しいんです)、フォグ取り付け(バンパー直付け)が済んでもバンパーは外したままにしてもらう予定だったので、ま、そう大した問題でもないんですけど・・・



で、土曜日にディーラーに行くと、ピット内にバンパーを外された状態のマイPIXIS君が放置されていました。

まずは、H君が取り付けてくれたフォグの配線を製作して、それが終わったら、


P1210986.jpg
ヘッドライトを外します。
室内に配線を引き入れるグロメットは、運転席側、助手席側の両ライトの裏にありますが、運転席側の方は、室内側にヒューズボックスとか色々ゴチャゴチャしてるので、配線の引き込みは助手席側で行います。

運転席側のヘッドライトも外してしまっているのは、今回、今は無き永井電子のAUTO DIM(10年前にスペースギアで使用していたもの)を組み込むので、ヘッドライトカプラーを入れ替えないといけない都合からヘッドライトを外してしまっています。(年代物のAUTO DIMなんで、ちゃんと動くかどうかちょっと不安ですが・・・)

純正のオートライトコントロールでも、サイドを引いた時にヘッドライトが減光してくれ、長距離でのトンネル等でも、オートライトがとても便利と、今乗ってるムーブで知ってから、このPIXISにもオートライト&減光システムを付けようとオプションを見てたんですが、値段が3万円ぐらいするのと、サイドを引いた時だけしか減光してくれないので、それなら、サイドとか関係なく(スイッチの配線のしかたでサイドブレーキ連動にも出来る)、車速でコントロールしてくれるAUTO DIMと、コムエンタープライズさんが出してるオートライトユニット(4500円ぐらい)のコンボにしてしまえば、自分好みの仕様で作れると思ったわけです。


まず上画像の地面にダランと垂れ下がっているのが、エンジンルームのバッテリーからフロア下を通して前に持ってきた、常時電源用の8ゲージケーブル。当然、コルゲートチューブでガッチリ保護してあります。

AUTO DIMの電源&フォグの電源、そして室内へ引き込む常時電源もこのケーブルから拝借するので、余裕の8ゲージケーブルを選択してます


で、ラジエーター左上にホーンが見えますが、その上に、無造作に組まれたステーが見えますね。
それに今回取り付けるAUTO DIM本体やフォグのリレー等を取り付けていきます。

助手席側のグロメットに通す配線は、今回取り付けるAUTO DIMやフォグに使用する配線、そして室内に送る電源の他に、この先何か追加で何かを取り付ける時の為用に、予備にそれぞれ色の違う0.75mm2×4本 2mm×2本を引き込んでおきます。(備えあえば何とやらです。またヘッドライト外して・・・なんてやりたくありませんからね~)


ちなみに・・・


ピットを借りれるのが昨日のみだったので、


P1210996.jpg
リア側へも、電源線を取り回しておきました。
(写真のプロペラシャフトのジョイント部の上に、ぎりぎり見える、燃料タンク上のグロメット。ここ、室内だと丁度リアシート下の部分になるんですが、ここにエンジンルームから10ゲージケーブルを通しておきました。もしかしたらこの先サブバッテリーなんてものを装備する可能性もありますので・・・)


一先ず、フロント側のバンパー&ヘッドライトを戻せる状態まで配線作業を進め、バンパーとヘッドライトユニットを取り付け、ここで配線作業は一旦終了。


配線作業を止めてまで、本日中に終わらせないといけない作業ってのが・・・





P1210999.jpg
はい。前から言っていたシャーシブラックです。


贅沢にノックスドール・・・ってわけには行きませんが、油性タイプのシャーシブラックを三本、確りとシャーシに吹き込んで行きます。



P1220002.jpg
メカのH君と私のツープラトンで塗りたくって行きます。



P1220014.jpg

このシャーシブラックを塗りこんで昨日の作業は終了しました。





で、本日は、朝から外で昨日の配線作業に続きです。
コムエンタープライズさんのオートライトキットの配線は、事前に部屋で処理を済ませておいたので、今日はAUTO DIMの残りの配線とオートライトを一気に組み込みます!!

※気合入れて作業したため、あまり画像がありません・・・



P1220022.jpg
意外と余裕がありそうに見えたボンネット内部ですが・・・

結構しんどかったです。

一番の理由は、AUTO DIM自体配線。必要分を自分でカットして・・・って配線ではなくて、メーカーの方である程度ガッチリとコルゲートチューブとか使用して出来合い物になってるため、バラして下手に切ったりつなげたりって面倒でやってられません。で、そのままそのケーブルを無理クリ仕舞い込んでこうなっちゃいます・・・(もっとスマートに仕上げたかったんだけどなぁ~・・・(泣))


P1220024.jpg
オートディム本体は、もう少し上に上げれると良かったんですが、これ以上上げると、ボンネットの袋になった部分があたっちゃいます・・・

オートディムの右側に斜めになって付いてるのがフォグのリレー。斜めって・・・ホント無理クリです(汗
そのリレーの右隣に真横になってるのがAUTO DIMのヒューズボックス。ま、直で水に当たるところではないので問題ないと思うけど・・・



P1220026.jpg
やっぱり汚いなぁ~~~~~~・・・・・・(滝汗
右上に見えるヒューズボックス二個は、一個はフォグランプ用、もう一つが室内引き込み用のニューズボックス。このヒューズボックス、前に買うだけ買っていて、中のヒューズは買ってなかった・・・で、ジェームスであんな羽目になることに(苦笑


ま、ちょいと見た目が悪いけど、ヒューズ類の安全対策&ケーブル保護関係には手を抜かない主義なんで、一先ずボンネット内は良しと・・・(時間があったら、もう少しスマートにしてみる予定)


次に室内側。
こちらも気合入れてやった為(と言うか、あまりの強風で、かなりイラつきながら作業してた・・・)、あまり画像がありません。


P1220027.jpg
オートディムとオートライトのスイッチ類は、キー右横のスイッチ(現メクラ)を使用するため、助手席のグロメットから運転席側まで配線を通していきます。
ここも、素人チックにやっちゃうと物凄い光景になっちゃうので、確りとまとめながら配線作業を進めて行きます。(と言っても、まだセイュリティーとか光物の類の配線もこれからやらなくては行けないので、完全に纏めきっておりませんが・・・。後、画像に、ハイゼットカーゴ乗りの方にしかわからない“あれ?それって?”的なものが写ってますが・・・そっとしておいて上げてください。)


気合い入れて作業を進め、なんとか日が暮れる前に配線作業を全終了!


P1220030.jpg
スイッチ(ポジション)+フォグ点灯。
AUTO DIMの特徴は、ポジションでもヘッドライトが薄っすらと点灯するところ。純正オートライトだと、ポジションではヘッドライトは点灯しません。(だからと言ってなにか利点があるわけではありませんが・・・。ちょっとしたアクセント程度ですね・・・)

オートライトは、センサーに手をかざしてちゃんと作動してるのを確認していますが、センサーの位置は乗って調整しながらでないと、ベストな位置は出せませんね・・・(本体の調整幅との兼ね合いで)




一先ず、これで、納車されても乗って帰ってこれるようになりました。(随分肩の荷が下りた感じです。)



後は、次の土曜日にもう一度出向いて、細かい遣り残し&片付け(フロアとか捲ったままなんで・・・)やって、納車までPIXIS弄りはやらない予定です。


けど、納車後の作業予定の方が・・・たいへんなんだよなぁ~




正直かなり疲れました。(ほぼ毎週でしたから(汗))












スポンサーサイト
  1. 2014/02/16(日) 23:13:31|
  2. PIXIS VAN
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<KSR 無事、冬も乗り切った・・・んですけどね? | ホーム | PIXIS ノックスドール オートプラストーン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satokichi3.blog45.fc2.com/tb.php/227-24fdd38a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さときっつぁん

Author:さときっつぁん
オートバイと写真が好きな中年おやじです。

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

CBR400RR (13)
ZEPHYR750 (9)
TT250R Raid (36)
KSR2 (49)
DT200WR (3)
ツーリング (16)
オフロードツーリング (9)
PIXIS VAN (11)
カメラ (29)
釣り (5)
音楽 (5)
未分類 (59)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

いらっしゃいませ!

現在の閲覧者数:

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。