緑と水の豊かな国に生れて

見たこと・感じた事、適当に書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

TT250R Raid セルリレー交換 他

二ヶ月ほど前、通勤に使用した時に(バッテリー上がり防止の為、二週間に一度くらい通勤に使ってます)突然セルが回らなくなって、しばらくキックで乗っていたRaidですが、せっかくバッテリーを新品に換え、ブログにはアップしてませんが、セルスイッチを押した時だけヘッドライトが消せるようにして(電圧降下保護)、数日乗らないときはバッテリーをいたわる為に主電源をカットできるスイッチを取り付け・・・と、そこまでやっていきなりのセルトラブル。

前回セルのブラシを交換したのが6万キロ前なんで、「そろそろかな?」とセルブラシの新品を購入しておいたのですが、通常、セルブラシが磨耗すると、“セルが回ったり回らなかったり・・・”の期間がある程度あるのですが、今回はほぼいきなり
的な感じでセルが回らなくなったので、もしかして・・・と調べてみると
P1230194.jpg
セルをバラス前にセルリレーのチェックをしてみると、セルスイッチを押すと「カチッ!」と作動しているものの、セルへの12vの出力が0!

セルリレーの接点がご臨終になってました。
このセルリレー、多分前オーナーも交換していないはずなんで、13万キロ弱頑張ったことになりますね・・・ご苦労さんです。


で、


P1230195.jpg
セルリレーは、随分前にオークションで予備を落としていた物があったので、そいつに交換します。
これでセルは元気に回るようになったので、新品購入したセルブラシの交換は今回は見送りました。


セルリレーを交換し終わったら、もう一つの大作業?を行います。

それはと言うと・・・


P1220612.jpg
実は、7月の事なんですが、こんな13万キロに達するポンコツにマフラーを新調したんです。

購入したのは、FMFのQ4(平行品)

で、このQ4を取り付けるに当たっての問題点が二つあって、一つは、このQ4のエキマニの太さと、RSVコンペティションエキマニのパイプ径が同じで、そのままでは取り付けできなかった事。
このQ4は、ノーマルエキマニにピッタリかぶる径のサイズで、RSVエキマニもQ4とほぼ同じ径のパイプ径なんで、加工しないと取り付けできないんです。
購入したときは、加工する時間が無かったので、エキマニをノーマルにして一先ず走れるようにしていたのですが、キャブのセッティングもろもろずれてしまって、今回はRSVエキマニと合うように加工することにします。

それと、

P1220649.jpg
この平行物のQ4には、画像上のスパークアレスター仕様のバッフルが取り付けられていて、これがまたとんでもない爆音君で、すぐに画像下のサイレントボム3を購入したんですが・・・

P1220650.jpg
サイレントボムを、そのままサイレンサーにボルトで止めると、ごらんの通り、ピタッと収まらず、ずれた感じになってしまいます。
サイレントボム3は、スパークアレスター仕様に比べ、若干太いストレートパイプを屈折溶接して屈折させていて、この屈折角がサイレンサー側と合っていない為、中で干渉してしまって、そのまま螺子で閉めるとこんな風になってしまうんです。
サイレントボムの螺子穴位置がおかしいのか、それともサイレンサーの螺子位置がおかしいのか、「流石USA製品!(サイレントボムはマ○カワ製?)」といったオチが合って・・・

で、螺子を外して、なるべく干渉しない角度(完全に干渉しないポイントは有りませんでした。当たる所を若干削りましたが、やはりピッタリと収まることはありませんでした)にすると、螺子穴が一個分横にずれてしまったため、そこに合わせてサイレントボムに螺子穴を増設して使用していたのですが、あのスパークアレスター仕様に比べ、飽和して撒き散らす低音波は無くなったものの、まだ音がでかい!暖気(FCRなんでチョーク暖気は無くて、アイドリング暖気ですけど)でもご近所さんになんとか許してもらえるレベルでした。(音質はキレのある低音で好きなんですけどね・・・)

しかも、やはりサイレンサーにスッキリ収まるエンド口に対して、ストッパーみたいに飛び出したエンド口が頂けないし・・・って事で、最初についていたスパークアレスターバッフルの方を、このサイレントボム3のパンチング仕様と同じ形に製作する事にしました。
(ちなみに、正規日本代理店仕様のCRFやWR用のQ4は、初めから出口スッキリデザインの方でこのパンチング仕様になってるようですね。平行物は安いものの、結局別買いでサイレントボムで音量落とさないとダメだし、デザインも悪くなるので、初めから正規物を買ったほうが良かったかも・・・です。ただTT-R用の正規物がCRFやWRの正規物とかと同じ仕様なのか疑問ですが・・・TT-Rの平行物はサイレンサーもバンド留めになってるし・・・)


まずは、RSVエキマニに合うように加工します。

P1230197.jpg
新品のQ4の取り付け口を大胆にカットします。
画像上のカットされたパイプは、このQ4のエキパイにサクッと嵌まる38パイのパイプ(他のいらないマフラーから切り落とした物)です。ただコレ、RSVエキマニにはキッチキツなんですけどね・・・


で、このパイプを・・・

P1230198.jpg
Q4のエキマニに嵌めて・・・


P1230199.jpg
ロウ付け(銀ロウ)します。

で、やはりこのままだとRSVエキマニにはきつ過ぎて嵌まりつらかったので、

P1230201.jpg
鉄ノコで対角に四箇所スリット入れて無事RSVとドッキング完了!
この時は適切なバンドが無かったのですが、走行できるようにして直ぐに二輪館に買いに行って取り付けしました。(画像アリマセン)

お次のバッフル加工なんですが・・・すいません。全く画像ありません。写真取るの忘れてました(汗)

一先ず、サイレントボムに使用されているステンレスパンチングパイプと全く同じパンチングステンのは山ほどあるので、切った丸めたして、スパークアレスター部を切り落とした元から付いてきたバッフルにはめ込んで、突き出しをサイレントボムとほぼ同量にしてロウ付けし、蓋も32mmの極厚ワッシャーで塞いで(ワッシャーの穴も小さいワッシャーで蓋してロウ付け)パンチング部にロウ付け。

後は・・・サイレントボム3の時でも薄い症状が出ていたFCRの1/8開度付近をSJ交換AS調整でチョイ濃い目にセッティング変更して、上記のバンドを買いに、少しばかり乗り回してみましたが・・・

薄さも随分解消されて、とても良い感じになりました。
音量は、突き出しをボム3と同量にしても、ボム3よりパイプ径が細いせいか、かなり静かになって、排気効率も問題なしで万事OKです!!出口のデザインと共に良い感じになりました。


明日は・・・

もうちょっとFCRのAS絞って、1/8付近を濃くして様子をみてみます!(来週のショップツーまでになんとかせねば・・・(笑))




スポンサーサイト
  1. 2014/10/25(土) 22:54:27|
  2. TT250R Raid
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<恐怖の一泊ショップツーリング | ホーム | 自分でも信じられないんだけど・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satokichi3.blog45.fc2.com/tb.php/240-22c10d40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さときっつぁん

Author:さときっつぁん
オートバイと写真が好きな中年おやじです。

FC2カウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

CBR400RR (13)
ZEPHYR750 (9)
TT250R Raid (36)
KSR2 (49)
DT200WR (3)
ツーリング (16)
オフロードツーリング (9)
PIXIS VAN (11)
カメラ (29)
釣り (5)
音楽 (5)
未分類 (59)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

いらっしゃいませ!

現在の閲覧者数:

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。