緑と水の豊かな国に生れて

見たこと・感じた事、適当に書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ビックマシン

いや~、ホント、ココ最近の大型バイクといったら、どのメーカーを見ても1000cc以上のバイク(国内販売モデル)しか無いのな・・・

ま、600ccのレプリカとかがあったとしても、普通にオートバイを楽しむだけならレプリカでなくても十分なんだけど・・・



先週の事だが、と、ある女性ライダー(以下Aさん)からメールが来た。
このAさんは、過去に一度だけ、ウチのクラブに参加したことのあるライダーだ。

その時も、足のつま先が付くかどうか・・・のリッターマシンを乗ってきて、お世辞にもちゃんと乗れている状態ではなかった。

何時も思うことだが、多分彼女らビックマシンを乗る人の半分ぐらいは、自分のバイクが倒れても起こせないような人が多いと思っている。ちょっと傾斜した場所にバイクを止めて、そこから引き出すことすら出来ないような、とても不釣合いなバイクに乗ってくる。何故だ?

そのAさんも、俺が善意(と言うかほとんどエゴ)でクラブ内で行っている“練習会”なるものに興味があったようだが、正直、俺も自分の空き時間を割いて、コースやら(一般道でしかできないでの)なにやら、とても気を使って予定を立ててるのが現状だ。だから、誰にでもやれるわけでなく、親しい友人・知人か、ウチのクラブで皆と一緒に“オートバイ”を楽しみたい人の為にだけに限定して行っている。
特にクラブでは、そのビギナーさんも上手に走れない事で疲れや焦りがでて危険だし、皆、口には出さないが、やはりそういう人がいると、メンバーも非常に気を使う。
でも、それでもウチのメンバーが楽しんでいる“オートバイ”を自分も同じように皆と楽しみたいから・・・と熱意のある人には、こちらも喜んで練習会をしてあげることにしている。

もちろん、この練習会は、お金を貰ってやっているわけではないし、強制でやらされているわけでは無い。

あくまでも自分達と同じ楽しさを味わって欲しい人にだけに(ココが凄いエゴイズム)この練習会を行っているわけだ。
そして、やるからにはキッチリと。この練習会をやってもらった人は解ると思うが、浮ついた考えで来た人のその考えをボロクソに叩くまでして、丸一日、マンツーマンで練習会をしているのだ。

話がそれたが、そのAさん、ウチに参加してきた時にも「大勢で走るのが苦手」と言っていたし、今回のメールにもそんな事が書いてあったのだが、そう言ってるわりには、その一回だけ参加してきた後に、何の連絡も無くなって、「あぁ、ウチのクラブ、性にあわなかったんだなぁ~」と思っていたら、その後、ウチよりも参加台数が多いツーリングクラブで活躍しているとかなんとか。(しかも二つのクラブ)
正直、何を考えているの全くわからないが、そのリッターマシンで元気に走られているようなので、ほとんど気にしていなかった。

それが、先週に突然メールが来た。
内容は、「練習会をやって頂けないでしょうか。確かクラブに入るのが条件でしたね。女性ライダーも居るようで・・・」とか
一回参加しただけで、その後何の連絡も無く、他のクラブで走られていて、それが突然、“練習会??”“女性ライダーがいるから??”都合良過ぎるだろ!

そのAさんが参加してきた時は、ウチには女性ライダーが一人も居なかった。
今現在、うれしいことに一人だけ女性ライダーが居て頑張ってくれている。その女性はとても小柄で、それでも皆とオートバイを楽しみたくて、上手に乗れないお気に入りの250ccのバイクを気持ちよく走らせて上げれるよう、一生懸命に頑張っている。
そして、他に女性ライダーが居なくてもウチのクラブで走りたいと頑張ってくれている。
「あなたが参加することで、他にも女性ライダーが気軽に参加してくれるといいね」と言うと「そうですね。頑張ります」と答えてくれる頑張りやさんです。
でも、Aさんはその立場になる気すら無かった訳だよな?

で、だ、その練習会、今まで、他のクラブでもリッターマシンを乗って走ってたのに、なんで?と思ったら、来月にマシンが変わるとか。しかも本人曰く「懲りずにまたリッターマシンですが・・・」とか

「あ~・・・頼むから懲りてください。つか解ってるならもう少しマシなバイクの選択してください」

別に意地悪を言っているわけではない。

今までバイク暦20年。その中で知り合った女性ライダーで、自分の腕や体型、乗り方を自分で把握して、一人で何があっても自分で対処できるよう、無理せず250や400を選んで、目を輝かせて大の男ライダーが顔負けするほど走りこんでいる女性ライダーを何人か知っている。

その女性ライダー達は、「無理して大きいのなんか乗らなくても、バイクは面白いですよ。なんで皆大きいのに乗りたがるのか解らない」と口をそろえて言っていた。とても立派だと思うし、それがオートバイをちゃんと理解している“ライダー”としての真の姿だとも思っている。

それが、なぜこのAさんはそこまで無理なリッターマシンに拘るのかが全然理解できない。

「せっかく大型免許取ったんだから?」
「大きいバイクに乗って、皆に認められたいから?」

あくまで想像だが、自分ではそうでないつもりでも、はたからみりゃそんなものである。

この体格に恵まれた俺でさえ(しかも一応、馬鹿力らしい)、さらにはオートバイで年間計2万キロ走る俺でさえ、「取り回しメンドクサイし、別にそんなにパワー要らないやん。ま、そういったメンバーと、そういった走りをする時だけは欲しいと思うけど」

そういった走り・・・想像にお任せするが、一応、リッターマシンをリッターマシンとして走らせるような走りと思っていただければそれでいい。

そうでない時意外は、今乗っているゼファー750や250ccのRaidでも十分楽しいし、事足りている。もちろんロングツーリングだって全然過不足は無い。何がいいかって?そりゃ、下駄代わり→ロングツーまで全てこなせる事!かな?

と、ま、俺のバイク道をここで言ってもしょうがないが、少なくとも、今のウチのクラブのメンバーもそんな事を言うメンバーが少なからず居る。

「あ~あ、やっぱ400のままにしとけば良かった。そっちの方が気楽に乗れるよ」とか、「家から出すだけでも面倒だから、ミドルクラスに落とそうかな~・・・それでも十分に楽しめるし」とか。

別に大型取ったからといって、無理して大型に乗る必要なんか、正直ない。
ただ、大型を取ったことで、“排気量による制限が無くなった”と単純に思えば良いことだ。

解らなければ、車で例えればいい。
普通乗用車免許。軽自動車から3000ccを超えるスポーツ車や高級車、何に乗っても良いということ。
必ずしも、大きな排気量の車で無いといけない道理はもちろん無い。
子気味良いスポーツ性を考えるなら、大きなスポーツ車でなくても、ライトウェイトスポーツ車でも、十分に車を楽しめるわけだし、軽だって運転を楽しむ事だってできる。いろんな理由から、人それぞれ色々な車に乗っていると思うが、免許を取ったからデカイ車に・・・とは誰も思っていないだろ??
しかも、誰がどんな車に乗っていたって、全然問題になるわけもないし、でかいのに乗ってるのが偉い訳でもない。
それが普通だ。

それがバイクになると、なぜかどう見ても無理なビックマシンに乗りたがる。

俺には良くわからん・・・

「女性には、乗りたいバイクを頑張って乗りたい人が多い」

とも書いてあったが、それなら一言言わせて貰おう。

「もう一度、お金払って、自動車学校で確り練習してきなさい」とね。

1997年に始まった自動車学校での大型自動二輪免許取得制度、ぶっちゃけ、俺もその自動車学校で免許をとった口だが、その卒検時に驚いた。
俺は自意識過剰ではなく、絶対に落ちる気がしなかったのだが、同じ卒検を受けた人の大半は、外周をノラリクラリ、カーブを曲がるのもやっとこ。S字・一本橋もフ~ラフラ。でも全員受かってる・・・

「おいおい」

こりゃ、昔の平針一発で大型免許を取った人からすれば、大型免許のステイタス性をぶち壊すような物だわな。
で、そのフラフラの人達も、受かったことだけで喜んでいる。

自動車学校での大型自動二輪免許取得制度のおかげで、一気に大型バイクブームに入り、免許取得者が増大。
当然、自動車学校も商売だ。少しでも厳しい学校は「あそこの学校、すぐ落とされるんだよ」と話がまわって、お客さんが来なくなる。だから、他校に負けじとどんどん緩くする。
その緩くされたラインを、本当にギリギリで通ってきた、さらに付け加えるなら、そのギリギリも大型バイクの中ではきわめて扱いやすい750ccでギリギリ免許を取得した人が・・・だ!「私は立派に卒業しました」と言わんばかりに、超重量・ハイパワーのビックマシンを買って自慢してくる。
5~6年も前の話だが、ウチのクラブもそんな人が山ほど入ってきたことがある。当然走れない。と言うか“走れないし走らない”
だけど、バイクのウンチクだけは天下一品。休憩ごとにそんな話で盛り上がって動こうともしない。
立派な社会人が多かったから、カスタムに金だけは掛ける。けども走れないし走らない。
ちょっと走行時間が長いとブ~イング
ペースを上げる(と言うか、400で流す程度)と、「そんな速いペース危ないですよ」

しまいには、「新しいバイクに興味ないんですか?」とか

今思い出しただけでも寒気がくるわい。

ま、その人たちは、直ぐにウチをやめてって、自分たちでクラブを作ったみたいだが、確か一年持ってなかったような・・・

そんな緩い大型免許、「ホントそれで良いの?」と思い続けていたのだが、そのころ、仕事で関西から営業しに来ていた、俺ごときでは頭が上がらないほどのバイク馬鹿のおじさんが居て、「今、愛知県の自動車学校では○△□で、受かっちゃうんですよ~。関西(兵庫)はどうです?」と聞いたら「うっそ!それは信じられないな~。ウチの方だと、女の子でも、坂道発進でつかう急な坂の途中でUターンさせて、それが出来なければ免許取らせないよ」と言っていたのを今でも覚えている。




ウチのクラブも、そんなザルを通り抜けて喜んでいるメンバーばかりなら、とうの昔にクラブをやめているが、そうでないメンバーが集まってくれ、そしてちゃんと“バイク乗り”としての方向性を、色々な形で体現してくれているメンバーが揃ってくれた。これには感謝感謝である。

当然、それが理解できない、見栄でバイクに乗ってくるような人は、ウチには合わないだろうね


Aさんも、これからも頑張って、楽しいバイクライフを送って頂きたいと思います。(本心か?)


最後に、皆優しい人ばかりだから、傷つくと思って口に出さなけど、


「無理して大きなバイクをやっとこ乗ってるライダーより、小さいバイクでもパリッと走れるライダーの方が“カッコイイ”よ」

あくまで口に出さなくても、ホントはそう思ってると理解して頂けるとうれしなぁ~





さ~て、明日は免許証更新で有給とっちまった。あまった時間は・・・



スポンサーサイト
  1. 2010/02/16(火) 23:14:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<21年ぶり | ホーム | ぶち切れモード>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satokichi3.blog45.fc2.com/tb.php/43-240aaebc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さときっつぁん

Author:さときっつぁん
オートバイと写真が好きな中年おやじです。

FC2カウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

CBR400RR (13)
ZEPHYR750 (9)
TT250R Raid (36)
KSR2 (49)
DT200WR (3)
ツーリング (16)
オフロードツーリング (9)
PIXIS VAN (11)
カメラ (29)
釣り (5)
音楽 (5)
未分類 (59)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

いらっしゃいませ!

現在の閲覧者数:

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。