緑と水の豊かな国に生れて

見たこと・感じた事、適当に書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

パンク!!

ご無沙汰です。何かと、不必要な事でバタバタしております。

え~、随分ご無沙汰しとりましたが、4月23日のゲーリームーアの名古屋公演は仕事が終わってから確りと行って来ましたよ!
やっぱ、トップクラスのギタリストの出す音は凄いね。なんであんなに簡単(では全然ないが・・・)にクッキリ・ハッキリ・キッチリと音を弾き飛ばすんだろうね~。聞いててゾクゾクしちゃいましたよ。
途中のスティル・ゴット・ブルース、そしてラストにパリの散歩道では会場も大盛り上がりで、ゲイリーの演出も絶品でしたね。

21年ぶりの日本公演だったんだけど、あともう一度来てくれると嬉しいね。


話は今日に戻って、今日は休日出勤でお昼まで仕事でした。こんな天気のいい日に仕事なんて・・・
でも、本当は4月4日が本来割り当てられた休日出勤だったのを、その日はクラブのオフ練があった為、無理を言って今日に変えてもらった休日出勤だから文句も言えない。
大人しく仕事してきました。(つっても、夏以外、全然注文来ないから、出勤時間の8割はネット見て遊んでた(笑))

で、仕事から帰ってきて、しばらく放置していたCBRの電気系トラブルの原因を調べる事と、予備ホイールに新品のリアタイヤを履かせてあったので、それも交換する事に・・・

最初にリアタイヤ交換から始めたのだが、この予備ホイール(前にヤフーで落札したホイール)についていたブレーキローターの程度が良かったので、ちょっと前にリアブレーキキャリパーのOHをした時に、「ホイールの交換をしたときにパットを新品に換えよう」と、その時はそのまま古いパットを使っていたので、今回、新しいブレーキパットに交換です。

交換したパットは、デイトナの「赤パット」
P1140992.jpg


リニューアルされて、随分とローターへの攻撃性が無くなったそうだ。(メーカー側はノーマルパットよりも優れていると言っている)
で、効きも良くなってると言う事で、だまされついでに使ってみる事にした。
ローターへのダメージを減らして、効きも良い・・・となると、多分パットが減るスピードは早いだろうし、ブレーキダストも凄い事になりそうだが、ホンダに新品のストックが無いブレーキローターを減らすよりマシ。使っていい結果が出ると嬉しい。

P1140995.jpg
チョチョイとパット交換&ホイール交換を済ませ、お次に電気系。

前に、充電したばかりのバッテリーをつけたのに関わらず、3日のったらバッテリーが上がってしまい、ツーリングの帰路時に押し掛けを余儀なくされた。
このバッテリー、昨年の4月に変えたばかりで、半年ほど都合(フォークのオイル漏れと、ついでに交換しようとしたフロントブレーキローターが手に入らなかった)により乗らなかったのだが、それでも、セルはやっとこだが回っていた。
上がりきった訳ではないので、ゆっくりと充電して問題は無かったはずなのだが、それが3日で上がってしまったのだ。

よって、バッテリーを外して再充電。
充電が終了して、一旦チャージャーから端子を外しそのまま放置。で三週間放置した今日、電圧を測ってみたのだが、12.9V確りある。一応バッテリー側は問題なさそうだ。

となると、やはり車両側の電気系トラブルが濃厚になってくる。

一旦バッテリーを車両に取り付け、エンジンを掛けて、そこでバッテリー端子で電圧を測ってみたのだが、エンジン回転をいくら上げても12.8vから一向に変わろうとしない・・・
これ、間違いなく充電系が逝っちゃってる証拠。


で、初めに一番臭そうな、レギュレート・レクチファイヤを点検する事に・・・

P1150010.jpg
リアサイドカウルを外してレギュレート・レクチファイヤとご対面~。で、カプラーを抜いた瞬間に

「??????」


P1150015.jpg
確りカプラー内が焼け爛れてます!!

レギュレート・レクチファイヤ本体側はと言うと、焼け爛れた端子の根元の絶縁体が溶けて、端子がぐらぐら・・・

テスターで抵抗値を測ってみるが、サービスマニュアルに記載されてる抵抗値が出たり導通なかったり・・・とどうも本体内部で断線している模様。
こんなん、即交換するしかないでしょ!

一応、旧車の部類に入る・・・と言う事で、レギュレート・レクチファイヤの中古は既にオークションで落札済み。こちらは端子間の全抵抗値が正常で、焼けた後も当然無いので、こいつに入れ替える事に。
P1150018.jpg

ちなみに、車両側のカプラーも溶けていたけど、ごまかしで使う事に。(端子に付着した、解け焦げて炭状の樹脂を落とすのが大変だったが・・・・)

コイル側の抵抗値も測ってみたが、そちらは基準値が出てたので、コイルは問題なさそうだ。

組み終えて、再度エンジンを掛け、電圧を測ると、テスターの針は確りと14.5v付近をウロウロ。コレで正常ですな。

しかし、まさか自分のCBRのレギュレート・レクチファイヤがパンクしてるとは思いもしなかった。

こういう事があると、バイクに電圧計をつけておいた方が安心・・・だな。

電圧計と、もう一つ、レギュレート・レクチファイヤの予備をオークションで物色するとするか・・・

06.jpg
今年に入り、フォークのオイル漏れ、フロント・リアキャリパーOH、フロント・リアのブレーキローター交換、おまけでリンク周りのグリスアップと、現状での問題点は全て無くなった。

ちなみに、何故か何時も、問題箇所を克服すると、嬉しさの余りに・・・今日も暗くなってから40キロほどCBRで散歩してきてしまった。タイヤの皮むきも兼ねてね(笑)


さて、次は何処が壊れるのかな?(汗)


スポンサーサイト
  1. 2010/04/25(日) 21:19:57|
  2. CBR400RR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<偏頭痛 | ホーム | >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satokichi3.blog45.fc2.com/tb.php/56-86fbaae2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さときっつぁん

Author:さときっつぁん
オートバイと写真が好きな中年おやじです。

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

CBR400RR (13)
ZEPHYR750 (9)
TT250R Raid (36)
KSR2 (49)
DT200WR (3)
ツーリング (16)
オフロードツーリング (9)
PIXIS VAN (11)
カメラ (29)
釣り (5)
音楽 (5)
未分類 (59)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

いらっしゃいませ!

現在の閲覧者数:

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。