緑と水の豊かな国に生れて

見たこと・感じた事、適当に書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ZEPHYR 腰上O/H 一日目

おはようございます。
昨日は、起きたと同時に外で風の音が酷かったので、「こりゃ寒いな」と思っていたら案の定、恐ろしいほど寒く何もする気が起きなかったのですが、今日は打って変わって暖かい日です。

こんな暖かい日に腰上をばらさないと、次に何時条件の良い日が来るか解らないので、サッサと腰上の分解を・・・です。ただし、夕方から、行きつけのショップの忘年会があるので、タイムリミットは遅くてもPM5:00には作業を済ませないといけません。

AM10:00、防寒対策バッチリで作業開始。

シート・タンク外して、ヘッド上のフレームにぶら下がってるパーツをそそくさと外し(実際には外さず避けただけ)、エアクリーナーボックスをばらしてキャブを抜きます。

P1170185.jpg
流石に4年何もしてなかった(滝汗)のでキャブもかなり汚れてますネ

で、キャブを外したら、お次はマフラーを・・・

P1170202.jpg
お決まり事?のスタッドボルトが根元から抜けてきちゃった~・・・は一本のみで(優秀ジャン!(笑))、後のナットは意外と緩くて苦労しませんでした~

マフラー外したら、お次はヘッド周り。

まずはヘッドカバーを・・・

P1170210.jpg
前日に、ネジ部にCRCをぶっ掛けておいたけど、ネジを緩める時に再度掛けなおし。掛けなくてはいけないほど厄介なネジは無かったけど、気持ちの問題でつい・・・(笑)

P1170211.jpg
ネジを外したら、固着しかけて外れないヘッドカバーをプラハン(俺はゴムハンだけど・・・)で軽くこずいて浮かせます。

P1170215.jpg
はい、ヘッドカバー外れました。
カムを抑えているカムキャップには番号が振られてます。これを組み付け時に番号通りの場所に組み付けないと焼きつく可能性があります・・・とマニュアルに書いてあります。(笑)

P1170225.jpg
で、55000キロ走って、実際にバルブクリアランスが規定値から外れるのか?の疑問から、一応、全バルブのクリアランスを計ると、規定値0.08~0.18mmに対して、0.1~0.17mmで規定内に収まってました。

で、カムを外す前にどうしても確認を取っておきたいのがカムシャフトチェーンのタイミングあわせの項。
まずマニュアルには○○を合わせて・・・と書いてあるのだが、これが白黒画像の黒つぶれで何処のマークを合わせればいいか全然わからん!(タイミングローターにワンポイントだけ印があるのならわかりやすいが、一点ではなく無数に色んな印がある。マニュアルには上死点マーク[A]とクランクケースのタイミングマーク[B]をあわせるなんて事が書いてあるけど、色んな印の中から「上死点マークってどれよ!!」と、サービスマニュアルでは全然理解できないので、今の現状合わせを確認しておく。組み付け時にパニックになりたくないからね

P1170268.jpg
これがサービスマニュアルの白黒画像。まずタイミングローターのどの印が画像のAなのかさっぱり解らん!!

で目視で確認して・・・
4番シリンダの上死点ポイント(上死点っていっても、圧縮ポイントと、排気・吸気が入れ替わるポイントが二つあるので注意)をカムの位置で確認して、タイミングローターとカムスプロケットの数ある記号の中で一番わかりやすい所にあわせると・・・

P1170233.jpg
タイミングローターがこの位置の時に・・・(TとかFとか、他にもなんだか違う印が合ったり・・・マニュアルにはどの印を・・・なんて書いて無い!)
P1170230.jpg
吸気側のカムスプロケットはこの位置で・・・(このスプロケット、吸・排気側&他の車種でも使われるのだろう、記号がいっぱい打ち込んである。もちろんサービスマニュアルには、これまたどの記号が・・・なんてのは書いて無い!!)
P1170232.jpg
排気側はこの位置ね。

吸・排気共に白でマーキングしてある所が正解みたいね。はじめからマニュアルにそうと書いておいてくれ。カワサキさん!

で、目視&デジカメでポイントを確認しておいてからヘッドバラし再開です。

P1170242.jpg
カムチェーンテンショナーは、エンジンから外す前に、テンショナー本体のネジ部(17mmと10mm各一本ずつ)を緩めてからテンショナー本体を分離します。

※整備ビギナーさんへ
ブレーキキャリパー等もそうですが、いきなりキャリパー本体を先に外すと、後でキャリパーピンとかを外すのに苦労する事があるので、本体についた状態で緩めれるネジはすべて緩めてから本体を分離するのが常識となっております(笑)

テンショナーを抜いたら、カムチェーンが緩むので、カムシャフトをチェーンから外して抜きます。が!外したカムチェーンがクランク室に落ちてしまうと厄介な事になるので、チェーンが全部落ちないよう紐で括っておきましょう!
(下の画像のチェーンブロックから垂れている線がチェーン脱落防止用の紐です。私は細い電気配線使ってますが・・・(笑)

で、シリンダーブロックを止めているメインのシリンダーボルトを丁重に緩めて外してヘッドを抜き取ります。
P1170243.jpg

ヘッドを外したらお次はシリンダーを・・・と

ここで大惨事発生!!

シリンダー部のシリンダボルトが外にむき出しになってるのを全然知らんかった・・・
おかげさまで、シリンダーを外したら、そこに溜まってた砂利が腰下にパラパラと落ちてって・・・(滝汗)
落ちちまった砂利はしょうがない。どの道、腰上が終わったら、今度はセルのクラッチを交換する時にドレンパンを外さないといけないので、腰上が組み終わったら、軽くエンジン回して砂利をドレンパンに落としてからドレンパンを外すしかない。残った砂利は・・・多分きっと、エンジンパーツが噛み砕いて(汗)、オイルフィルターで濾してくれるはずサ。

P1170250.jpg
この画像に写った砂利を、クランクケースに落とさないように除去するのにえらく時間を費やして、なんとかシリンダー外しもひと段落

P1170257.jpg

今回は、ピストンは交換しないので、エンジンにつけた状態で綺麗にしてからリング類の交換で済ませます。

P1170265.jpg
手前のピストンは、スクレーパー&ステンレスワイヤブラシで磨いた物。向こう三つは何もしてない状態のピストン。
55000キロ、それなりにまわして来たけど、まぁそれなりにカーボンが付着しているって事で・・・(泣)
残り三つはまた後日、暖かい時に磨きます

P1170245.jpg
これが燃焼室。
全気筒、55000キロらしく均等なカーボンの付着ですな。
オイルが減るから、限られたシリンダーがダメージあったかと思ったけど、そうでもないみたい。
つ~ことは、オイルが減るのは排気側のオイル下がりか?
後日、ヘッドからバルブをばらした時にわかるはずです。

P1170259.jpg
シリンダーも本当に薄っすらですが、なんとかクロスハッチが残ってますね。(無いに等しいけど。)
ピストンリング交換して後4~5万キロ、そしたら次はボーリングしてボアアップ??(流石にその時は手放すかも(笑)


ちなみに、ピストンには擦った形跡も無く非常に健康そのものでしたよ。(擦れてる方が珍しいって?)



今日はこの辺(PM3:00)でお開きにして、今からノンビリして忘年会に出発です(笑)


スポンサーサイト
  1. 2010/12/26(日) 17:57:24|
  2. ZEPHYR750
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ZEPHYR 腰上O/H 二日目 | ホーム | Raidの次はZEPHYR。やることいっぱい(苦笑)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satokichi3.blog45.fc2.com/tb.php/69-7784282b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さときっつぁん

Author:さときっつぁん
オートバイと写真が好きな中年おやじです。

FC2カウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

CBR400RR (13)
ZEPHYR750 (9)
TT250R Raid (36)
KSR2 (49)
DT200WR (3)
ツーリング (16)
オフロードツーリング (9)
PIXIS VAN (11)
カメラ (29)
釣り (5)
音楽 (5)
未分類 (59)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

いらっしゃいませ!

現在の閲覧者数:

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。