緑と水の豊かな国に生れて

見たこと・感じた事、適当に書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

キャブセッティングの落とし穴

KSRⅡのレストア記を・・・と言っておきながら、アーシングの話をしたり・・・と、何時もの脱線方向にまっしぐらですが、今回も脱線話です(汗)

アーシングはレストア前の、KSRを購入してから何とか乗れていた2ヶ月で気がついたお話。
一応、キック一発始動で高回転も確り回ってました。ただ実走での低~中速はお粗末な状態でした。

低速でモサモサしてて、4~5千回転でミスファイヤみたいな「プッ・・ププ・・ペ~」的な回り方してました

アーシングして、低速での失火感はまるで無くなり、アクセルレスポンスも格段に向上したものの、やはり4~5千回転のミスファイヤ感は居座っていて、それを突き止める前にエンジンを下ろしてしまったので、オーバーホール時に、キャブを開けて清掃・確認して、E/Gを積んだ後に再セッティングと思って、まずキャブを外して清掃→確認したら、これがまたビックリな結果が・・・

KSRキャブ002
ノーマルの。MIKUNI・VM18キャブのスロージェット
マニュアルに記載されてるスロージェットの番手は#30なのに付いてたのは#20!!
エアクリの遮蔽板は取ってあったし、チャンバーも変わってるし、定番のKSRⅠ(50)用のコイルと社外CDIにも変わってるので、少しぐらい濃い番手が付いてるのかな?と思ってたら、思い切り薄くなる番手がついてました(汗)

「良くこんなんで、エンジン一発始動&アイドリング安定してたな・・・」

とある意味感心しましたが、気味が悪いので基準の#30番に交換します。

お次に、
KSRキャブ001
ジェットニードルも、基準の2番目(上から)ではなく、上から3番目と濃くなる方向になってます。
これは、ジェットニードル段数の効果が関わる、アクセル開度の1/4~1/2に不満があった(4~5千回転でのミスファイヤは特にこのアクセル開度で出てた)所に大きく関わる所。違和感があったけど一度このままで続投する事に。

お次に、
KSRキャブ003
メインジェット。これも、ノーマルの#77.5から#87.5と10番も上がった物がついてましたが、吸排気が弄ってあるので、定番と言えば定番。事実、上まで確り回っていて、アクセル開度1/2以上のレスポンス(実走での)も良かったので、このまま続投で行きます。



さて、一通りキャブのO/Hも済ませ、E/Gも積んで、実走でセッティング開始。


始めはVM18のセッティングを、

SJ:#30
AS戻し回転:1(ノーマル基準:1 1/4±1/4なので、基準の濃くなる方向で)
ジェットニードル:3段目
MJ:#87.5

慣らし運転なので、まだMJの効果がでる開度までは上げれませんが(回転数を抑えなければいけないので)、この状態で、回転数の上限を5000回転で実走(実質、アクセル開度の0~1/2ぐらいで)すると、
■パターン1
①エンジン一発始動
②アイドリング安定
③アクセル開度0~1/4が少し重い感じ(多分濃い)
④アクセル開度1/4~1/2で回転数4~5000到達時(またはその付近で走行時)、お決まりのフンヅマリ攻撃


この状態で20キロほど走りましたが、あまりにフンヅマリ感が大きいので、ジェットニードルを2段に変更すると・・・
■パターン2
①エンジン一発始動(上と変わらず)
②アイドリング安定(上と変わらず)
③アクセル開度0~1/4が先のセッティングより少しだけ改善するも、やはり重い感じ
④アクセル開度1/4~1/2で回転数4~5000到達時(またはその付近で走行時)は、フンヅマリ度が少し改善された感じ


となりました。この状態で60キロほど走り、お次に、ニードルは触らず、ASを1/4開けて(薄い方向へ)、ノーマル基準の1 1/4で試走します。すると
■パターン3
①エンジン一発始動(上と変わらず)
②アイドリング安定(ただしアイドル回転数が若干アップ。アイドルスクリューで対処)
③アクセル開度0~1/4 至って良好。レスポンス良し・トルク感あり
④アクセル開度1/4~1/2で回転数4~5000到達時(またはその付近で走行時)は、上よりも改善方向へ。


となりました。これで50キロほど走り、さらに、ASを薄くなる方向へ1/4開けて、1 1/2で試走すると、
■パターン4
①エンジン始動が若干困難(アクセルを少し開けないと掛からない)
②アイドリングチョイ不安定(上よりもさらにアイドリング回転が上がるが、回転を適正に戻そうとすると、不安定になる
③アクセル開度0~1/4 かなりアクセルレスポンスにシビアな反応になるが、トルク感が薄くなった。
④アクセル開度1/4~1/2で回転数4~5000到達時(またはその付近で走行時)は、上よりもさらに改善方向に!


と、ここまでの動きで、解る人は解ると思いますが、ASを開けて薄くする方向へ移行すると、例の1/4~1/2のフンヅマリが軽減されていってますね?でもそこが改善されても、アイドリングから1/4付近が逆に薄くなりすぎて悪い方向に行ってます。

大まかに(簡単に)言ってしまえば、アクセル開度0~1/4は、適切なSJとそのSJの噴出濃度をコントロールするASでしか調整が出来ないので、私の現在のKSRではSJ:30のAS戻し回転が1 1/4が一番美味しい所となります。

でも、アクセルを開けていき、SJの効力がなくなりつつあるアクセル開度1/4以上は、薄い方が良い結果になってますね。

このアクセル開度1/4から上付近と言うのは、SJの効力が薄れる代わりに、今度はMJの効果が出始めるところでもあります。



ここで、表題の“落とし穴”の話をしましょう。

KSRⅡに付いているVM18キャブを、KSRⅡに乗っている方々はどのようにセッティングしているのだろう?と色々ネットで調べてみました。
エアクリボックスの遮蔽板除去やチャンバー交換で吸排気チューンをされ、その中で、このVM18キャブのセッティングを楽しんでいる方のブログを参考にさせて頂こう・・・という腹積もりだったのですが、

「吸気も排気も上げてるから、SJもMJも上げて、ニードル段数も一段濃い方向へ・・・」と、まぁ定番的なセッティングをされているようです。が、その殆どの方が、5000回転付近のフンヅマリに悩んでおられるようで・・・

VM18のセッティングパーツ(SJ・AS・ニードル段数・MJの四点変更で。さらに突き詰めたジェットニードル変更やニードルジェット変更は除く)の調整範囲の中で、吸・排気の効率の良いエアクリーナー加工やチャンバー交換を施して、“全てのセッティングパーツを濃い方向へ”と思い込んでいる所に落とし穴があったりします。

KSRのセッティング(VM18)で一番のネックになるのが5000回転のフンヅマリ感。これは殆どの人が悩まれているようですが、自分も実際にキャブのセッティングを行って、そんな悩まれている方々の話と照らし合わせて気になった事を一つ。


上にも書きましたが、正確には回転数ではなく、殆どが“アクセル開度1/4~1/2の時の5000回転付近で走行中に・・・”が不具合の出るポイントだと思うのですが、先にも書いたとおり、このアクセル開度と言うのは、丁度SJとMJが絡み合う所。

ジェットニードルは、
●アクセル開け始めによるMJからの出始めの噴出量(ストレート径)
●開けていった時にテーパー角で噴出量が徐々にが開放される時の噴出タイミングの前後(段数)
●そこから開けていく時に噴出量を変える(テーパー角)

の三つがあるのですが、ストレート径とテーパー角は、ジェットニードル自体を交換しなければならないので、現状、ジェットニードル(以下JN)で調整できる項目と言えば、噴出タイミングを変更するクリップ段数の変更しかありません。(そんな事解ってるわ!って??まぁまぁ落ち着いて)

では、そのJNは何を制御してるいか?ともう一度振り返って下さい。
それは、そう、MJを通過するガソリンと、そのガソリンにニードルジェットで混ぜ合わされる空気の混合物の出始めタイミング・噴出量をコントロールする代物です。

では、そのMJは?と言うと、大半のセッティングされている方は、全開時に一番セッティングがあうように、KSRⅡですと、大半の人が、ノーマルの#77.5から、#85~#100近くまで、実に#10番以上(厳密には、VM18のMJは#2.5ステップなので、3段から上の番手となります)を越すMJを付けられている方が大勢見えます。

私のKSRも慣らしの段階ですが、#87.5で上まで綺麗に回ります。

問題となるのは、この数段上げられたMJなんですが、この跳ね上げられたMJの口径は、実はMJの効果が出始める(JNで制御されている)アクセル開度でもガソリン濃度が格段に上がるのをご存知でしょうか?

SJはASで燃料の濃い・薄いをコントロールできます。(ASの調整範囲が追いつかない時にSJの番手を交換する。その時ASはもう一度やり直し)

VM18のMJは、超高性能キャブのようにメインジェットエアスクリューなんて機能を持っておりません。
よって、メインジェットに送られる空気量は“固定”になります。(ニードルジェットを変えない方向で話してます)

MJに対するエアの流入量(口径)が“固定”なので、ガソリンを吸い上げるMJの口径が大きくなれば、ガソリンの方が吸い上げられる比率が多くなるのは解りますね?

それが解れば話は簡単です。


例えば、SJ・AS・JN段数が同一だった場合、メインジェットを数段大きい物に変えれば、当然、SJとMJの交わる1/4~1/2も、変える前より、変えた後の方が、JN段数を変えなくても“濃い”状態になります。

このような状態で、JN段数を濃い方向に段数変更したら?


ジェットニードルの段数は、MJの噴出タイミングをコントロールする物です。

KSRⅡのサービスマニュアルの規定値

SJ #30
AS 1 1/4±1/4
JN段数 上から二段目
MJ #77.5

にて、低開度と全開に問題が無く、中開度付近がどうしても薄く感じる時に、ニードル段数を3段に変え、中開度付近を2段の開度の時よりも早い時点で“濃く”するのは当然です。

ですが、MJを大幅に上げて、ニードル段数を変えなくても中開度付近が“濃い”状態になっているのに、さらに段数を上げる(濃い方向へ)のは果たして??


話は始めに戻して、自分もパターン1からパターン4で解った事は“1/4~1/2”がやっぱり濃い状態です。
MJをノーマルの#77.5から#87.5に跳ね上げてるので、当たり前と言えば当たり前ですね。
そのアクセル開度のみを調整するには、SJでは調整できない(アイドリングや0~1/4開度の最善を残す事が優先)範囲なので、残すは被るMJの出始めの噴出量、すなわちニードル段数のみとなります。
2段でも濃かったので、一番天辺の1段目にクリップを変え、ASは一番調子の取れていた1 1/4で試走してみると、

嘘のようにフンヅマリが無くなって、きわめてスムーズに走るようになりました!!

吸・排気チューンで全てを“濃く”と思い込んでいる方で、クリップ段数を薄くする(実際にMJで濃くなりすぎたMJ出初めを抑えるために段数を1段に上げる。実はブログで悩んでる人の殆どが試されてないようで・・・)事を試していない方、

状況によっては、ニードル段数1段も大いに有り!!
と言う事をご理解できれば幸いです。

※ここに書いたセッティングは、あくまで私のKSRのコンディションに合わせた結果です。
他のKSRでは当然チューン内容や、使用される土地(標高や温度差)もあるので、あてにならないことをご了承下さい。





★余談
慣らし運転を始める前に、キャブのセッティング用にとKEYSTERさんのKSRⅡ用キャブセッティングキット(中々手に入らない、テーパー・ストレート径の違うニードルが三本も入っている!!)
KSRキャブ004
を購入してしまってますが、今のキャブには必要なさそうな感じがしてきました。

現在、予備のVM18を、SUS441さんの所へ“19.5Φ+α加工”をお願いしてるので、そちらのキャブが出来上がってきたら使うかな??

なんにせよ、社外パーツや純正パーツが段々無くなってきてるので、こういったパーツが出てくるのは非常に嬉しい限りですね。使わなくても持っておくだけで安心感が違います!!(販売が終わってから“欲しい”と思っても手遅れですから~~~!!)


“19.5Φ+αキャブ”、すんごく楽しみなんだけど、再セッティングしなきゃぁ~なぁ~~~・・・(汗)











 

スポンサーサイト
  1. 2012/04/05(木) 02:04:36|
  2. KSR2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<これで後10年は戦え・・・る?? | ホーム | アーシングについて>>

コメント

なるほどなるほど

丁度、キャブセッティングを始めるとこだったので、大変参考になりますv-9
  1. 2012/04/05(木) 09:17:38 |
  2. URL |
  3. へなちょこ提督 #61OUSD5Q
  4. [ 編集 ]

Re:なるほどなるほど

へなちょこさん、どうもです!
あくまで参考程度にとどめておいて下さいね~!角パーツのアクセル開度による守備範囲もホントは違うかもしれない・・・んだけど、大雑把に考えてということで(汗)
はじめはトライ&エラーしますけど、ある程度理解できてくると、キャブは楽しいですよ~!!
  1. 2012/04/05(木) 21:27:08 |
  2. URL |
  3. さときっつぁん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satokichi3.blog45.fc2.com/tb.php/94-19aac535
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さときっつぁん

Author:さときっつぁん
オートバイと写真が好きな中年おやじです。

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

CBR400RR (13)
ZEPHYR750 (9)
TT250R Raid (36)
KSR2 (49)
DT200WR (3)
ツーリング (16)
オフロードツーリング (9)
PIXIS VAN (11)
カメラ (29)
釣り (5)
音楽 (5)
未分類 (59)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

いらっしゃいませ!

現在の閲覧者数:

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。